リンク

最近のトラックバック

ホームページ

2018年7月18日 (水)

夏の花を活ける

ご近所さんに、紅花を頂きました。

もう何年前になるでしょうか、アニメ「おもひでぽろぽろ」や「紅花の山形路」というキャンペーンなどで、紅花=山形のイメージが強い時期がありました。
今はそれほどではありませんが、それでもやはり紅花は山形の夏の花の印象です。

Gazo11_15

折角なので、矢羽ススキや黒ホウズキなどと合わせて、玄関に活けました。
涼しげな中にも、紅花の鮮やかな色が目を引きます。

Gazo41_7

庭のギボウシに今、花が咲いています。

Gazo21_35

見た目は地味ですが、葉の大きさもあって、結構主張しています。

Gazo31_36

玄関先の壷に少し活けたら、いい感じの見た目になりました。

2018年7月17日 (火)

花の種を採る

我家の庭に、ムラサキセンダイハギがあります。

Gazo51

別名バプティシア、北アメリカ原産のマメ科の宿根草で、とにかく丈夫です。

このムラサキセンダイハギに、大きな鞘ができました。
中には種が入っているのですが、マメ科なので熟すまでにはかなり日数が掛かります。

そこで、虫に食べられる前に摘み取って、乾燥させることに。

Gazo4

空豆のような大きな鞘ですが、中の種はかなり小さい種です。
熟すまでしばらく干しておきます。

Gazo21_3

同じように、鞘を採っておいたルピナスは、熟したようなので、種を取り出すことに。

Gazo11

胡麻と小豆の中間くらいの大きさです。
ルピナスは暑さに弱いのすが、ここでは宿根してくれます。
只、自然播種ではなかなか増えてくれないので、手播きすることに。
この種は涼しくなった9月頃に播いて、来春を楽しみにします。

Gazo31

我家の庭で、ひと際目立っている実が、白雲木の実です。

白い花は1週間も経たずに散ってしまいましたが、その後実は次第に大きくなり、今では存在感を示しています。

この実は鳥たちの大好物のようで、秋になると次から次とやってきて、食べていきます。
それを見るのも、楽しみのひとつです。

2018年7月12日 (木)

冷やし粕汁と冷たい大根スープ

暑い日は、冷たいものが欲しくなります。
冬に温まるものを、冷たくして戴くのも美味しいです。

Gazo11

冷やし粕汁。

冬は鰤や鱈などの魚を使うことが多いですが、冷やすと臭みが気になるので、豚肉を使います。
人参、大根、葱などと油で炒め、昆布ダシと塩、酒粕で味を調えます。
後は、冷やして戴くと、濃厚ながらもさっぱりした感じが楽しめます。

Gazo21

冷たい大根スープ。

大根を出汁で煮てからミキサーに掛けて、ザルで濾します。
冷蔵庫で冷やしておき、飲むときに少し牛乳をまわします。
夏大根は淡白ですが、大根の主張は感じられて、冬とは違った味わいが楽しめます。

Gazo3

玄関の活け込みもあじさいを中心に、涼しげにしました。

2018年7月11日 (水)

カサブランカだった筈が

我家の庭はあじさいと共に、百合も咲き始めています。
百合はどうも、冬の間にネズミに球根を食べられてしまうようで、年々減ってしまいます。

そんな中で、建物脇で毎年咲いていた百合が、今年も咲いてくれました。

Gazo31

あれ?確かカサブランカだった筈が、なんと、ピンクの花に。

調べてみると、ヤマユリからカサブランカを作るため交配した元の百合の花色が、長い間に戻って出てきたのではないかという説が載っていました。
何年も咲き続けたせいなのでしょうか。

Gazo11

クレマチス・モンタナの花が終わった後の、綿毛のような果球を摘み取りました。
そのままドライにして、クラフト材料に使います。

Gazo2

去年の果球は、ハーバリウムやボトルフラワーに使ってみました。
優しいふんわり感が、独特の雰囲気を出しています。

2018年7月10日 (火)

元気なオカトラノオ属

我家の庭で今、元気な植物たち。

Gazo1

オカトラノオ

Gazo21

クサレダマ

Gazo4

リシマキア・ヌンムラリア

Gazo31

リシマキア・ファイヤークラッカー

いずれも、サクラソウ科オカトラノオ属の植物。

半日陰でもよく育ち、乾燥を好まないので、いつも適度な湿り気のあるところが適している仲間です。
我家の庭があっているようで、丈夫で増えています。

どれも、自然な雰囲気を作ってくれます。

リシマキア・ヌンムラリアはグランドカバーに向いていて、銅葉のリシマキア・ファイヤークラッカーは花のない時期でも楽しめます。

2018年7月 9日 (月)

今の時期のアキアカネ

今の時期、我家の庭には、赤トンボがよくとまっています。

Gazo2_2

庭にある支柱の先端に、それぞれ1匹ずついるという面白い図です。
どうも、縄張りがあるので少し離れているらしい。

ところで、この赤トンボはナツアカネなのかと思っていたら、見分け方を詳しく説明しているサイトで確認したら、アキアカネのようです。

ナツアカネは、6月頃平地で羽化して、そこに留まっている。
アキアカネは、6月頃平地で羽化して、すぐに山地など涼しいところに移動して、涼しくなったら平地に戻る。

と言うことは、移動している途中なのでしょうか?
ここは、どう見ても平地ではありませんし。

Gazo1_7

今日は、こんな格好でとまっていました。
気温が高く日差しが強かったので、尻尾を上げて体温調節しているようです。

夏の終わり頃、赤くなったアキアカネにまた会えるでしょう。



2018年7月 8日 (日)

我家のあじさい

何日か前に、鴫の谷地沼のあじさいを紹介した時に、我家のあじさいも少し紹介しました。
今日は、今楽しめる我家のあじさいをもう少し紹介します。

Gazo41

咲き始めたばかりの、ピンクのアナベル。

Gazo51

花色が変化してゆくマジカル。今年仲間入りしました。

Gazo11_2

一重の柏葉あじさい。
かなり年数が経っていますが、今年もきれいに咲きました。
秋の紅葉も楽しめます。

Gazo21_3

あじさいではありませんが、クレマチスもあちこちで咲いています。
これは、フロリダ・バシリスク。

Gazo31

チョコレートコスモスも、結構存在感を出しています。

2018年7月 7日 (土)

スグリのジャム

今年もスグリの実が、たくさん生りました。

Gazo3_2

スグリは丈夫なので枝ごと切り、根気よく細かい実をザルに採ります。

Gazo41

細かい種を取るため、一度煮詰めてザルで濾して、更に煮詰めます。

Gazo5

ペクチンが強いので、軽く煮詰めるとソースに、更に煮詰めるとジャムに。

適度な酸味が、アイスやケーキにも合います。

雨の日のスモークツリー

我家のスモークツリーは今、綿毛のような穂がきれいな時期です。
なかでも、雨の日のスモークツリーは格別です。

Gazo11_2

今の雨の時期は霧も出やすく、霧がかかった穂に水滴が付いて幻想的な感じになります。

Gazo21

このすばらしい光景を、我家では食堂の中から見られるのです。

2018年7月 5日 (木)

鴫の谷地沼のあじさいが見頃

鴫の谷地沼のあじさいが、きれいに咲いています。

Gazo31

ここのあじさいは、エゾアジサイと呼ばれるもので、北海道や本州日本海側の多雪地帯に見られるあじさいです。

Gazo11

額縁咲きなので地味な感じもしますが、遊歩道沿いに咲いている姿は涼しげで、散策しながら眺めるのには向いているのかも。

ちなみに、我家でもあじさいが咲き始めました。

Gazo2

名前がわかりません

Gazo4

白富士

Gazo6

アナベルは増えています。



«熊野大社と双松バラ園

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ