« サンキライの実 | トップページ | ミセバヤ »

2008年12月16日 (火)

シナノキ

植物の名前は以外と知らない事が多く、冬に葉が落ちて実が付いていたりすると、あの実は何だろうと思ったりします。

今日はとてもいい天気で、いつものグラウンドの散歩も気持ちよくて、山を眺めたり木を眺めたりしながらゆっくりしていました。

ふと気が付くと、葉が落ちた木の枝に実が付いています。しかもヘラのようなものが一緒に付いています。

帰ってきて図鑑で調べたら、シナノキの実でした。ヘラのような物は苞で、菩提樹などシナノキの仲間の特徴との事でした。

鶴岡の温海温泉で有名なしな織りは、シナノキの樹皮を繊維にして布にしたもので、三代古代織りのひとつと言われています。

シナノキの名前は知っていましたが、身近で本物を見ることが出来るとは思いませんでした。春になったら、芽だしから見てみようと思いました。

Pc160014

« サンキライの実 | トップページ | ミセバヤ »

季節の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/43437670

この記事へのトラックバック一覧です: シナノキ:

« サンキライの実 | トップページ | ミセバヤ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ