« カンボクの当たり年 | トップページ | アンティチョーク »

穴子とジャガイモのアサツキ醤油絡め

アサツキという山菜があります。

普通は、ネギが芽を出したくらいの伸び方で収穫したものを売っています。

山菜としては、ノビルのように根元のふくらんだ鱗茎を味噌で食べる事が一般的のようです。

鱗茎は生食の他、焼いたり、炒めたりしてもたべます。

P6160001

そのまま食べても美味しいですが、穴子と合わせても美味しいです。

アサツキをじゃがいもと一緒に弱火で炒めて、そこに穴子の白焼きを加え、アサツキを漬け込んだ醤油を回して味を整えます。

絹さやなどを加えると彩りが華やかになります。

おかずにもなりますし、つまみにも合います。

P6130007

|

« カンボクの当たり年 | トップページ | アンティチョーク »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 穴子とジャガイモのアサツキ醤油絡め:

« カンボクの当たり年 | トップページ | アンティチョーク »