リンク

最近のトラックバック

ホームページ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

麹の塩切り

自民党の大敗と政権交代は、きっと歴史的なことなのでしょう。

結党以来続いた衆院第1党を55年目にして、民主党に明け渡したのですから。

次の総選挙までに、日本はどう変わるのでしょうか?

話は変わりますが、今日で8月が終わります。

でも、今日はなんだか寒いくらいの陽気で、まだ8月だったんだと言う気分です。

無事麹が出来た事は書きました。

P8300006_2

味噌作りはすぐに出来そうにないので、塩切りしておくことにしました。

塩切りとは、多めの塩をよく混ぜておくことで麹を保存する方法です。

出来上がり30kgの味噌を作る予定で、9kgの麹に3kgの塩を混ぜました。

来週あたり、味噌作りをしたいと思っています。 

2009年8月29日 (土)

麹作りpart2

麹作りには、温度管理が一番大事です。

冬より管理は楽なようですが、やはり電気毛布で加温するようでした。

加温して一晩したら、米の温度も上がり麹の香りがしてきました。

ここで切り返しというのをします。

米を袋から出して広げ、少しのお湯(50℃位)を掛けてていねいに混ぜます。

P8280005

こうすることにより、水分を補給して麹菌の回りを良くするようです。

また袋に戻して加温しながら40℃以上になるようにします。

また一晩経つと、麹の出来上がりです。

P8290003

急に冷ますと風邪を引いてだめになってしまいます。

ゆっくりと冷まして塩切りして保存します。

2009年8月28日 (金)

花オクラ

一昨年、お客様から花オクラの種をもらったことがありました。

花オクラは、実は堅くて食べられないのですが、花が食べられます。

少しぬめりがあり、酢の物や天ぷらなどで食べることが多い夏野菜です。

その時は、ここで栽培するのは気温が低そうなので、種を白畑さんに渡して栽培してもらいました。

花を何度か採ってもらい、サラダなどに彩りに使ってみました。

結局種は取れず、その年だけの収穫で終わりました。

昨日、白畑さんの野菜を受け取りに行くと、花オクラが入っていました。

P8270009

開いていたものが多かったので、萼やしべを取り、花びらだけにして戴くことに。

今回はオクラの糠漬けと一緒に、塩ポン酢をかけて戴きました。

P8270002

この塩ポン酢は結構、花オクラに合います。

2009年8月27日 (木)

麹作り

今年も県産の大豆と米を使って、味噌作りをする準備をしていました。

ところが、なかなか取り掛かれないでいました。

夏の忙しさも終わり、ようやく取り掛かることにしました。

まずは、麹作りから。

米を蒸し、適温に冷ましてから麹菌をまぶします。

米に麹菌を混ぜながら、大きなおにぎりのようにまとめて空気を抜きます。

P8270020

これを米袋にきっちり詰めていきます。

詰め終わったら米袋を紐で縛り 、温度を計りながら発酵を待ちます。

P8270023

手順は難しいものではないのですが、大事なのは加温です。

麹になるためには、45℃位の温度が必要です。

この温度管理が一番大変。

40℃では低く、48℃を越えるとダメになってしまうようです。

まるで麹を育てているような感じです。

うまく育てば、3日程で出来上がり。

どうかうまく出来ますように。

2009年8月25日 (火)

草牡丹

涼しい日々が続いています。

朝晩はちょっと寒いくらいに感じます。

また気温は上がるようですが、やはり秋の気配充分です。

今、庭や道端に草牡丹が咲いています。

P8200001

草牡丹はクレマチスの仲間で、匍匐する牡丹蔓もあります。

花の色は青く、自然の中ではあまりない色です。

花が終わるときれいな綿毛ができ、それだけで素敵なドライの作品になるようです。

2009年8月23日 (日)

素麺カボチャ

素麺カボチャをご存じですか?

実の部分が、茹でると素麺のように取れるカボチャ。

P8220002

食べ方は一般的には、文字通り めんつゆで食べる方法。

でも、正直あまり美味しいものではありません。

もっと美味しい食べ方はないか。

そこで、シロップに漬けてみることに。

ミントの葉で香り漬けをして、冷やしてみました。

P8220003

結構いけます。

デザートのように食べられます。

カボチャだけでなく、パフェやあんみつのようにすると、もっと美味しく戴けそうです。

2009年8月22日 (土)

カボチャのチーズケーキ

久しぶりにカボチャのチーズケーキを作りました。

やはり、今の時期のカボチャは美味しい。

だから、加工しても美味しいようです。

蒸したカボチャを裏ごしし、クリームチーズと卵と砂糖を混ぜます。

P8220001

決め手はブラウンシュガーとサワークリーム。

これで一味違います。

オーブンで焼いて出来上がり。

夏から秋への移ろいの一品です。

P8220008

2009年8月21日 (金)

トマトラーメン

夏休みのお客様も一段落して、夏野菜のストックに奮闘しています。

白畑さんからいっぱい届く野菜を、無駄なく使い切るには結構大変です。

今日はトマトに挑戦。

桃太郎トマトはジャムに。

サンマルツァーノは、素材のまま保存。

P8210002

皮を湯むきして取り、種を除いて身だけを保存しておきます。

秋冬のトマトソースの素です。

二人で分担してやりますが、それでも時間は掛かります。

でも、調理のためにはこの手間は欠かせません。

P8210003

昼食はこの副産物で美味しいものを戴きました。

種取りの時に出た、100%トマトジュースだけで作ったスープ使った、トマトラーメンです。

むかごニンニクを漬け込んだガーリックオイルをかけると、尚一層美味しくなりました。

P8210004

2009年8月19日 (水)

庭にも秋の気配

例年、お盆を過ぎるころから、秋の気配が感じられます。

今年は梅雨明け宣言もないまま、もう秋の気配です。

夏は何処へ?

我が家の庭ももう秋の気配です。

水引や金水引が目に付きます。

P8170024

ハマナスの実も赤くなり、矢羽ススキの背が伸びました。

カラスウリの花も咲きました。

まだ1度も実がならないのですが、今年は?

P8170022 

2009年8月18日 (火)

トマトジャム

お盆の時期の忙しさで、暫く空いてしまいました。

今年もいろいろなところからお越し頂き、ありがとうございました。

中には渋滞覚悟でお越しのお客様もいらしたようで、感謝します。

白畑さんの野菜も夏野菜のピークを迎え、トマトの量が増えてきていました。

例年ストックしておくのですが、今年はジャムにしてみました。

中玉トマトを使い、丸ごとジャムにしてみました。

P8100006

皮も種も思ったより気にならず、上々の仕上がり。

トマト特有の青臭さもなくて、パンに合うようです。

お客様にも好評です。

P8100007 

2009年8月 8日 (土)

白ゴーヤ

白畑さんの野菜に、白ゴーヤが入っていました。

P8080010

普通のゴーヤより、苦味が少ないようです。

それよりも、見た目がとてもきれい。

艶々していて、野菜でないようです。

スライスして塩を振り、軽く絞ってマリネに添えてみました。

勿論、ゴーヤチャンプルにしても美味しいです。

P8070008 

2009年8月 4日 (火)

キュウリの佃煮ピザ

先日、キュウリの佃煮を作った話を書きました。

上々の出来で、時々戴いています。

テレビのバラエティーで、ウドちゃんが晩菊のピザを食べているのを見ました。

晩菊は三奥屋さんの漬物の名前で、山形の代表的な長期熟成タイプの漬物です。

漬物のピザは聞いたこともあるし、美味しそうに食べていたので、キュウリの佃煮でもいけるのでは。

早速、かみさんに作ってもらいました。

P8030007

漬物の甘みと塩加減がチーズと合い、美味しく戴きました。

今回は生地が厚めのタイプでしたので、クリスピーでも試してみたいと思います。

2009年8月 3日 (月)

むかごニンニクのオイル漬け

薹立ちしたニンニクには、むかごが出来るそうで、白畑さんからむかごの付いた茎をもらいました。

P7310008

皮を剥いてみると、ニンニクの1片と同じ感じ。

剥いてる傍から、ニンニク特有の臭いが充満。

臭いが強いので、オリーブオイルに漬け込むことに。

P7310009

3日程したらシャンパンのような泡が立ってきた。

でも、ニンニクの香りがしっかりしみ込み、とてもいいガーリックオイルが出来ました。

2009年8月 1日 (土)

キュウリの佃煮

白畑さんに教えてもらって、キュウリの佃煮を作りました。

教えてもらったレシピはキュウリ3kg。

挑戦したのは倍の6kg。

作り方は、スライスしたキュウリに塩を振り、重石を乗せて半日置く。

そのキュウリを絞って水気をできるだけ取る。

醤油・砂糖・味醂・酢・千切り生姜を合わせた出汁を混ぜて、鍋でひたすら水分を飛ばしながら煮ていく。

P7310010

水分が多いのがキュウリの特徴。

こつは、いかにして水分を飛ばすか。

強火で鍋にかけること30分以上。

冷まして、塩昆布を混ぜたら出来上がり。

量は2kg強になりましたが、ご飯やつまみにはとても合います。

P7310002   

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ