« マユミの大木 | トップページ | 残糸で作る膝掛け »

山形の初冬の味覚

少し、暖かくなりました。

昨日一部滑れたゲレンデも、今日はダメになってしまったようです。

そんな初冬の山形の味覚と言えば、ラフランスでしょうか。

ラフランスも最近は早く出回るようになりましたが、やはり11月から本格的に店頭に並びます。

熟した食べ頃のラフランスは、やっぱり洋梨の女王です。

デザートでは、生のままタルトにしてお出ししています。

Pb220009

もうひとつ、最近、全国区になりつつあるのが、平田赤ネギです。

元々は酒田市平田の伝統野菜だったのですが、数年前から特産品として売り出したものです。

ネギの白い部分が赤く、生では辛味が際だちます。

加熱すると、普通のネギより甘みが強いのが 特徴です。

赤いのはアントシアニンなので、栄養価も高いようです。

やっと身近な野菜になってきましたので、時々使っています。

今回は、赤味を活かすため酢を入れたお湯で茹で、和風の出汁で漬けました。

Pb230014

トロリとした甘みが楽しめます。

|

« マユミの大木 | トップページ | 残糸で作る膝掛け »

山形の話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形の初冬の味覚:

« マユミの大木 | トップページ | 残糸で作る膝掛け »