« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

紅豆腐

最近、紅大豆を結構使います。

紅大豆と言えば、先日も書きましたが川西町の特産として売り出していますが、そのきっかけとなった豆腐を産直で売っていました。

山形の仁藤商店で作っている、「紅豆腐」と言う商品。

産直では1丁、250円で売っています。

P2260012

ピンクベージュにほんのり色づいた豆腐で、普通の大豆よりマイルドな感じの香りです。

味もまろやかな感じで、豆腐のままで味わった方が美味しいと思います。

醤油でも充分美味しく味わえますが、甘めのたれでもいけるかも。

もの珍しいだけの一品とは、違うものだと思える豆腐でしょう。

2010年2月24日 (水)

地デジにするのは何のため?

客室のテレビが古くなってきたので、調子が悪いテレビが出始めています。

取り替え時期が来ているのと、地デジ移行の時期が同じ時期になって、良かったのか悪かったのか。

実は昨年、地デジ対応のテレビを1台買ったのです。

アンテナは、元々UHFアンテナ。

繋げばすぐに地デジが見られると思ったのは、そう浅はかな考えではないと思います。

ところが、全然映りません。

地元の電気工事屋さんに、見て貰ったら、アンテナが傷んでいるからとの事。

確かに少し前の台風で、アンテナが傷んだのは事実です。

そこで取り替えて貰ったのですが、映ったのはNHKだけ。

工事屋さんも、原因 も対処法もわかりません。

仕方ないので、アナログで見ることにして、対処法を調べて貰う事にしました。

1ヶ月ほどした頃、デジサポなるところから、「お宅の地域は電波の受信が難しい地域だから好感度アンテナに取り替える費用を全額助成します」と言う趣旨の通達が届きました。

早速問い合わせてみましたが、アンテナの助成はするが、アンテナ以外は面倒をみないし、結果地デジ映らない場合はダメとの答え。

しかも、3月10日までに工事を完了して申請しないとダメ。

こんな雪深いところで、屋根に上る事が出来るとは思えず、6月以降の再申請を待つつもりでいました。

ところが今日、電気屋さんが来て、ここ数日の良い天気で、屋根の雪もすっかりなくなったので、工事をしてみるとのこと。

同じ日に近所に来ている専門業者と協力して、あちこちアンテナ取り付け位置を探し出し、何とかアンテナを取り付けました。

P2240003

試してみると、全局地デジで見る事が出来ました。

ただ、今のブースターで全室見られるか調べるのは、明日です。

それでダメなら、数万円のブースターを更につける必要がありそうです。

地デジの普及率は70%程で、順調に移行しているそうですが、本当にそうなのでっしょうか?

最近、ある地域でアナログ電波を止める実験をやり、問題はなかったと総務省は発表したそうです。

しかし、その実態は1軒ずつ電気屋さんが回り、しかも地デジチューナーは無償配布。

そんなの実験と言うのでしょうか。

「地デジにしても何も問題はありません」と言う、パフォーマンスとしか思えません。

いったい何のための地デジ移行なのか。 

2010年2月22日 (月)

今シーズン最高の天気では

今日は、この冬一番のいい天気ではないでしょうか。

雲はなく、風もなく、暖かく、そしてゲレンデは混んでいなくて、今日滑られた人はチョーラッキー間違いなしです。

P2220007_2

2月も後半に入ると、天気のいい日はなんだか春めいて見えます。

散歩に行ったグラウンドにも、雪の上には兎の足跡がいっぱいです。

P2220003

木の芽もふくらんできて、雪解けを待つかのようです。

まだまだ雪は充分なんですが、こんなに暖かい日はまるで春スキーのようです。

2010年2月21日 (日)

最上川あわゆき

最近は、和と洋のコラボなる食べ物が、多くなったような気がします。

その意味では、このお菓子はその典型的なものかも知れません。

「最上川あわゆき」、確かに美味しいし、和でも洋でもあるという感じです。

P2180010

生クリームと皮むきあんを、卵白で作ったカステラでサンドした和菓子?。

カステラのしつこくないさっぱりした甘みが、いいのでは。

個人的には、「萩の月」のようなしっとり感があった方がいいような気もしますが、かみさんはこの感触があんに合うのだそうだ。

山形県のアンテナショップでも、人気があるようです。

2010年2月19日 (金)

自家製紅大豆パン

自家製パンの中に、紅大豆パンがあります。

「紅大豆」って聞いたことありますか?

赤豆と言う大豆の種類なんですが、川西町で特産品として売り出す際に、「紅大豆」と命名したそうです。

紅花ををイメージする、いい名前を考えたものです。

もともと煮豆にすると美味しい豆ですが、淡い赤が見た目にも美味しそうで、今や豆腐や納豆を始め、いろいろな商品が売り出されているようです。

P2180012

昨年、白畑さんが作った紅大豆を使って、パンにしたところ、きれいな色とほんのりした甘みがとてもいい感じでした。

P1280009_2   

紅大豆は今、産直にも売っているので、調達も難しくないようですから、一度試してみては。

2010年2月17日 (水)

燻製ゆで卵「スモッち」

バンクーバー・オリンピック、盛り上がってますね。

今回は午前中の生中継が多いので、私達には助かります。

気になる競技は、ちょっと見ることが結構できそう。

前回はほとんど夜中だったので、早く寝なきゃと思いながらも、つい夜更かしってことに。

ところで、「スモッち」って知ってますか。

簡単に言えば、燻製ゆで卵。

天童市の半澤鶏卵で作っています。

P2010015

東京にある山形のアンテナショップ「おいしい山形プラザ」の特産品販売で、いつもベスト10に入っているみたいで、燻製づくりとしては興味がありました。

そしたら、いつも行く肉屋さんに売っていたのです。

早速、買ってきました。

中は半熟なんですね。

P2010016

試食してみると、燻製の香りがいい具合です。

ちょっと塩味が薄いかと思いましたが、全部食べるにはかえってこのくらいがいいようです。

そのまま食べても美味しいですが、シーザーサラダなんかも合いそう。

良く出来ていますが、自分でも作れそうな気もします。

今度チャレンジしてみます。

2010年2月16日 (火)

チョコビールにチョコカレー?

いやー、やりましたね。

バンクーバー・オリンピック、スピードスケート500m、長島・銀に加藤・銅。

特に、加藤条治は山形市の出身で、高校生のころから活躍していたのを見ている地元の人間としては、色がなんであれメダルが獲れたことはうれしいものです。

仕事の手を休めて、テレビの前で応援してしまいました。

話は変わりますが、今年のバレンタインはどうでしたか?

この歳にもなると、残念ながらいくつ貰えるかなどの心配をする楽しみはありません

もっとも、自慢する訳ではありませんが、親しい彼女?から毎年ゴディバのチョコを貰っているので、今年のゴディバはどんなデザインだろうと楽しみは味わっています(貰えなかった人にはごめんなさい)。

そのゴディバと一緒に、チョコカレーを頂きました。

正しくは、「ショコラで仕上げたBEEF CURRY」と言うレトルトカレーです。

今年は、かみさんからチョコビールを貰いました。

こちらは「Chocolat Brewery」と言う発砲酒です。

P2140013

どちらもROYCEのコラボですが、まさに日本のバレンタインはチョコレート商戦と言う感じがします。

感想はと言うと、チョコビールはカカオの香りが心地よく残り、美味しく感じましたし、チョコカレーは強めの隠し味と言った印象でしたが、カレー自体は美味しく戴けました。

2010年2月15日 (月)

朝食に自家製パン

随分さぼってしましました。

実に2週間ぶりです。

2月6日の猛吹雪は、半端ない凄さでした。

高速道路は軒並み閉鎖。

どうしても来られないお客様もいらっしゃいましが、他のお客様はなんとかたどり着いて頂けました。

皆さん、大変な思いをながらもいらして頂けて、とても感謝しています。

そんな大雪の後片づけと、飛び石連休とで、忙しさにかまけて、今日に至ってしまいました。

話は変わりますが、かみさんが再び自家製パン作りに取り掛かってから、改良を重ね、ようやくお客様にもお出し出来るパンが出来たと思います。

P2020019 

これは、自家製ベーコンをのせたパンです。

今は、朝食のパンの1種類に加えてお出しする時があります。

今度、朝食で食べた時は、ぜひ感想を。

2010年2月 3日 (水)

今日は節分

今日は節分。

いつ頃からなのか、豆まきよりも恵方巻の方が、付き物の年中行事になってしまいました。

とは言う我が家も、数年前から恵方巻を食べるようになりました。

今年は二人きりなので、お昼代わりに戴くことにしました。

P2030026

かみさんは、顎が痛くなるから小さくして作りたいと言っていましたが、結局いつも通りの太さに。

いつもと違う方向を向いて、黙々と食べる光景は考えると滑稽な気もします。

それでも、良い一年を願う気持ちは、大切な気持ちです。

2010年2月 2日 (火)

カセ鳥

最近、ブログのサイトと相性が悪いらしく、ログインがうまくいかない時があります。

ここ2日程も、ログインを拒否されて、久しぶりの書き込みです。

1月31日に、ペンション村にカセ鳥がやって来ました。

P1310005

「カセ鳥」というのは、上山市に古くからある火伏せの民俗行事で、稼ぎ鳥をあてて商売繁盛の祈願にもなっています。

藁を編んだ「ケンダイ」と呼ばれる物をかぶった若者が、「カセ鳥カセ鳥お祝いだ。カッ、カッ、カー」と、言いながら家々の玄関を周ります。

家の人々は、水を掛けて迎えます。

「カセ鳥」は、上山市内では2月11日に行われますが、今回初めてペンション村にやって来て、お披露目してくれました。

本番をご覧になってみたい方は、当日ぜひ。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ