« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

少しずつ春の準備

いよいよ年度末。

一昨日の夜帰って来た息子が、ばたばたと準備をして、社会人として出発していきました。

明日の入社式とその後の研修にと、緊張と不安と、そして期待に胸を膨らませて出掛けていったのでしょう。

大学に入って、2年生からは家を出ていたので、息子がいない生活には慣れていますが、もう完全に自分の新しい道を歩んでで行くかと思うと、やはり一抹の寂しさは感じます。

今日は幾分春らしい陽気になりました。

少しずつ、春の準備をしています。

乾燥室も、かみさんの作品を展示するスペースに模様替えです。

P3310004

模様替えはあと数日掛かりますが、着々と進んでいます。

2010年3月29日 (月)

きれいな白樺

3月も終わりだというのに、寒い日が続いています。

さすがに、道路の雪は昼間に消えますが、山はまた真っ白です。

今では春休みは閑散としていて、ゲレンデも人影がまばらです。

いつの間にか、桜の話題が賑やかになってくると、スキーモードは解除になってしまったようです。

こちらの桜はまだまだですが、木々の芽吹きの準備はすすんでいるようです。

芽吹き前の白樺は、幹の白さが増して、きれいに見えます。

グラウンドの白樺も、今日は青空も映えて、鮮やかなコントラストが楽しめました。

P3290002

明日からは春の陽気になるみたいなので、寒の戻りもそろそろ終わりになって欲しいものです。

2010年3月26日 (金)

なんだか寒いです

お彼岸も過ぎたのに、なんだか寒いです。

雪も降って、さすがにそれ程積もりませんが、また白くなりました。

散歩に行く龍山も、氷の滝が成長しているようです。

P3230003

東京の桜も、寒さであまり進んでいないそうですね。

来週には、気温がかなり上がるようなので、春がまた近づくのでしょうか。

気分はなんとなく「春よ来い」です。

2010年3月24日 (水)

ふきのとうの初物

寒くなったり、暖かくなったり、春先の天気は気まぐれです。

それでも、雪解けは進んでいて、だいぶ地面が見えるようになってきました。

この頃に気になるのが、ふきのとう。

雪がなくなると、すぐに顔を出します。

ふきのとうは、「蕗の薹」と書きます。

春を待っていたかのように、あっと言う間に薹が立ち、花が咲きます。

やっと顔を出したばかりが、採り頃、食べ頃です。

散歩で、ふきのとうを見つけました。

早速、少し採らせてもらいました。

P3230004_2

産直などには、かなり前から出回っていましたが、やはり初物は自分で採ったもので食べたいもの。

早速、天ぷらで美味しく戴きました。

2010年3月23日 (火)

オリーブのホカッチャ

知り合いの方に、オリーブの缶詰を頂いた。

スペインにいるお嬢さんが送ってくれた、本場のアンチョビ入りオリーブです。

食べてみると、アンチョビの塩気が絶妙の美味しさ。

しかし、このまま酒の肴にしてしまうのも勿体ない。

そこで、ホカッチャにする事に。

かみさんが、いつものように発酵させた生地に、オリーブをのせて焼き上げました。

P3220009

美味しいホカッチャが出来ました。

あまり量も出来ないので、これは自分たちで戴くことにします。

見た目がお洒落な空き缶は、季節の花を挿してテーブルに置くことに。

2010年3月22日 (月)

昨日は大荒れでした

昨日は、全国的に大荒れだったようで、蔵王も吹雪に見舞われました。

ボーダーが2人行方不明になりましたが、今朝無事救助されてなによりでした。

どうもコースを自ら外れて樹氷原の中を滑っているうちに、遭難したようです。

ルールやマナーは、守るべきですね。

今日はようやく風も収まりましたが、寒さは残ったようです。

散歩に行ったグラウンドでは、昨日の強風の跡が唐松の木に残っていました。

P3220011

幹に雪が張り付いていて、風が強かったのがうかがえました。

雪の上には、笹の葉が描いたおもしろい絵?もありました。

P3220014

2010年3月19日 (金)

真っ白な地蔵岳も見納め?

東京では、そろそろ桜の開花宣言が出そうとのこと。

蔵王も暖かくなったり、寒くなったりしながら、春めいてきました。

2日程、寒くて雪が少し降りましたが、もうほとんど積もりません。

今日は天気が良くて、三宝荒神から地蔵岳にかけての山がまた、真っ白になっていました。

P3190011

今シーズンは、樹氷も早く落ちてしまい、なんだか変なシーズンでした。

雪はまだ充分あるのですが、だんだんシーズンが短くなっていきそうな気配は拭えそうもないようです。

明日からの連休が、今シーズン最後の賑わいになりそうです。

2010年3月16日 (火)

乾燥マッシュルーム

山形は、結構キノコの生産が盛んです。

我が家でも、キノコはよく使っていて、地物の代表格のひとつになっています。

スープによく使うキノコには、シイタケとマッシュルームがあります。

舟形のマッシュルームがいいので、よく買いますが、その舟形の乾燥マッシュルームを見つけました。

P3140001

商品説明によると、新鮮なマッシュルームを、山形大学工学部が開発した低温除湿乾燥システムにより乾燥したものだそうです。

ポルチーニ茸のように水で戻して使うほかに、粉にして隠し味に使うこともできます。

早速、水で戻して、牛蒡と一緒にスープにしてみました。

P3140006

生のマッシュルームとはまた違う、美味しいスープになりました。

2010年3月14日 (日)

ゴディバベアー2010

今日は、ホワイトデー。

かみさんが、今年も知り合いから、ゴディバのホワイトデーベアーを頂きました。

P3140002

今年は、少し子熊さんの雰囲気があるベアーです。

安い物ではないので、申し訳ないと思いつつ、つい楽しみにしてしまいます。

毎年毎年、違いがありながらも、みんな可愛いベアー達です。

P3140003

2010年3月13日 (土)

マンサクの花

暖かくなったり、寒くなったり。

体調管理が難しそうな、陽気です。

周りの雪解けは、例年になく早いようです。

でも、やっぱりまだ3月。

南斜面の雪がなくなっても、まだ水仙は顔を出しません。

ようやく、マンサクの花が、咲き出しました。

P3130003

「まんず咲く(まず咲く)」から、マンサクと言う名が付いた?。

諸説ある中で、有力な説のひとつです。

まだ雪がいっぱいある時に、まるで紙で作ったような黄色い花。

P3130005

昔から、雪国の春をまんず告げる花だったのでしょう。

2010年3月11日 (木)

冬景色再び

今年は変な陽気です。

2月の終わりに、春の陽気になったと思ったら、3月にはまた冬に逆戻り。

もっとも、雪がなくなっては困るので、ゲレンデの寿命が少しのびて良かったと言うべきかも。

2日程降った雪で、グラウンドや山の景色もきれいになりました。

P3110005

芽吹きの頃の山の景色も好きですが、この雪景色も捨てがたいです。

春を待ち望む人は多いとは思いますが、もう少し冬景色を楽しませて下さい。

2010年3月 4日 (木)

凍み餅は美味しい

今年も産直に凍み餅が売っていたので、つい買ってきてしまいました。

寒い地方は、その寒さをうまく利用した保存食があるもの。

山形も色々ありますが、よく見るのは凍み豆腐と凍み大根。

凍み餅は、あまり見ません。

昨年も、同じ頃にやはり産直で見かけたので、あまり作られていないのかも。

凍み餅は、揚げて砂糖醤油に浸して食べるのが、いちばん美味しいと思います。

餅に付いている食べ方には、酢も使うように書いてあります。

確かに、酢を使うと一味美味しさが増す気がします。

P3030004

普通の餅とは違う食感は、たがね餅とも、かき餅とも違う独特のものです。

私のような餅好きには、たまらない一品です。

2010年3月 2日 (火)

スノードロップ

春めいたと思ったら、今日は雪。

もっとも、もう少し寒い日が続いてくれないと、宿としては困るのですが。

一度暖かい思いをすると、寒さが身にしみるのは歳のせいですか?

玄関の花壇の雪が融けたらすぐに、スノードロップが咲きました。

P2240009

一度咲くと、雪をかぶっても元気で咲いています。

近くのマンサクの蕾もふくらんで、やはり3月ですかね。

まだまだ充分滑れますよ。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ