« 権現堂の枝垂れ桜 | トップページ | 背中にハート模様の虫 »

アサツキ

アサツキというと、以前はワケギと同じように、ネギを細くしたような野菜で、薬味に使うものと思っていました。

もっと言うと、ワケギとあまり区別もついていない感じでした。

かみさんはもともと山野草と知っていましたが、私はあまり理解していませんでした。

蔵王に住むようになって暫くして、野菜でよく出回るようになったのではないかと思います。

オカヒジキもそうですが、山形らしい食材のひとつとして、お客様によくお出しします。

年々栽培が盛んになり、今では冬から出回っているのも、よく使う理由でしょうか。

この辺りでは、今頃は田んぼの畦あたりで採れます。

自家用に少し採ってきました。

採ってくれば、簡単に食べられると思うと大違いです。

土を落とし、水で洗い、いっぱいある根っこを処理。

根気よくやって始めて、よく見る姿になります。

P4190002

かみさんが、酢味噌で和えてヌタにしてくれました。

P4190001

ちょっとコリコリした食感と強めの香りが、たまりません。

|

« 権現堂の枝垂れ桜 | トップページ | 背中にハート模様の虫 »

季節の話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサツキ:

« 権現堂の枝垂れ桜 | トップページ | 背中にハート模様の虫 »