リンク

最近のトラックバック

ホームページ

« でか金つば | トップページ | 修学旅行 »

2010年5月24日 (月)

寒ざらしそば

紅の蔵の話題で、もうひとつ。

乾麺の「寒ざらしそば」を売っていました。

P5180041

秋に収穫したそばを、厳寒の冷たい清流に2週間ほど漬けておきます。これを引き上げて、晴天続きを見計らい、西蔵王の寒風と真冬の紫外線の多い太陽光線でさらして乾燥するという、手間の掛かった弦そばを、「寒ざらしそば」と言います。

冷水に浸してアクを抜くことで舌触りが良く、甘みのある淡泊な味わいのそばになるそうです。

毎年、寒ざらしの作業がTVなどで紹介されていて、知ってはいましたが、食べた事はありませんでした。

紅の蔵でも、売り切れたらおしまいだそうです。

我が家で、早速戴きました。

乾麺とは思えないような、口当たりの良い、かすかに甘みのあるそばです。

茹で時間5分と書いてありましたが、かみさんによれば、もう少し早めの方が良さそうとのことです。

« でか金つば | トップページ | 修学旅行 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/48447604

この記事へのトラックバック一覧です: 寒ざらしそば :

« でか金つば | トップページ | 修学旅行 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ