« 鴫の谷地沼に錦鯉 | トップページ | 秋の気配 »

金時草

白畑さんの野菜の中に、金時草という野菜がありました。

P8050029

「きんじそう」と読み、葉の表が緑色で裏が紫色の加賀野菜です。

茹でると、ぬめりがでます。

白畑さんが加賀屋銀座店で食べたことがあったそうですが、一般的には「水前寺菜」で流通しているみたいです。

金沢での食べ方は酢の物が、一般的とのことですが、かみさんはモーウィと合わせてみました。

輪切りにしたモーウィの中をくり抜き、茹でて下味をつけます。

これを器にして、茹でた金時草とホタテの貝柱を煮て餡仕立てにしたものをのせてみました。

P8060004

彩りと食感が合って、金時草の独特の風味と共に、美味しく戴けました。

モーウィは、生も美味しいですが、このように煮ても美味しいのがわかりました。

また金時草がきたら、作ってみたい一品です。

|

« 鴫の谷地沼に錦鯉 | トップページ | 秋の気配 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金時草:

« 鴫の谷地沼に錦鯉 | トップページ | 秋の気配 »