« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

今年は暖冬?

雪は思ったほど降らず、今日は青空が広がっています。

昨日、山形市で初雪を観測したのですが、平年より13日、昨年よりなんと26日遅い、観測史上10番目に遅い初雪だったそうです。

大森から見た三宝荒神は、 真っ白になっていました。

Pb300008_2

それでも、スキー場をプレオープン出来る程の積雪はなかったようで、ちょっとガッカリ。

今年の冬は大雪との予報を耳にしたかと思えば、つい最近には、暖冬との話も聞きます。

予報の当たり外れは、過ぎてみないとわからないものですが、さてどちらなのでしょう?

2010年11月29日 (月)

本格的な雪

昨夜からの雪が、今日は本格的な雪になりました。

Pb290009

道路も白くなり、除雪車も出動しました。

山には雲がかかっていて見えませんが、明日も降ればかなり積雪も期待出来そうです。

「いーぬはよろこび♪♪」とばかり、愛犬が駆け回っていたグラウンドも、すっかり雪化粧です。

Pb290017

2010年11月28日 (日)

ナラ枯れ処理

明日にでも、本格的な雪になるのでしょうか?

冬空ですが、まだちらほらともしていません。

昨日はとても気持ちのよい小春日和で、鴫の谷地沼でも、散策の人を何組か見掛けました。

数日前から、チェーンソーの音がしていたのですが、ナラ枯れした木を伐採していたようです。

Pb270006

積み上げた丸太に、分厚いビニールをかぶせてありました。

昨年からの被害なので、本数も結構あり、しかも太い木ばかりに被害がでるので、伐採だけでも大変ではないでしょうか。

Pb270008

あちらこちらに、丸太が積み上げられていました。

フェロモンによる駆除方法も確立したようで、収束に向かっていくのを期待していますが、切り倒された木の太さになるまで何年掛かったのかを考えると、これ以上被害が拡がらない事を祈るばかりです。

2010年11月27日 (土)

冬野菜のストック

かみさんが白畑さんの畑に行って、冬野菜を分けてもらいました。

畑にはまだ、いろいろな野菜があったようです。

Pb260004

いくら寒くなってきたとは言え、こことはだいぶ違うようです。

それでも、雪が降ってしまうと、大根などの限られた野菜になってしまうようなので、あと一月くらいなのでしょうか。

帰り道に、干し柿のカーテンがあったので、カメラに。

Pb260006

干し柿づくりもだんだん少なくなっているようですが、長く続いて欲しいものです。

持ち帰った野菜を処理するのに、一苦労しましたが、野菜のストックがあるのは、うれしいものです。

Pb260009

2010年11月24日 (水)

ガガイモの袋果

グラウンドで、ガガイモの袋果を見つけました。

Pb240004

ガガイモは日当たりのよい野原に生える蔓性の多年草で、花も地味ですが、果実は袋果と呼ばれる形をしています。

この袋果は、熟すと片側が裂けます。

中の種子は楕円形で翼があり、先端に種髪と呼ばれる長い絹糸のような毛があります。

種子はこの種髪で風に乗って、あちこちに飛んで行きます。

2010年11月22日 (月)

ユリノキ

鴫の谷地沼に、ユリノキがあります。

葉が半纏の形に似ているので、別名ハンテンボク。

6月頃、枝先に淡い黄緑色のチューリップのような花が咲くので、英名チューリップツリー。

公園樹や街路樹でよく見掛けるので、馴染みもあるかと思います。

葉が落ちた頃、花の萼の跡がよく枝に残っています。

散歩の時に、落ち葉の中にその萼を見つけました。

Pb220009

脆いのでクラフトには使いにくいようですが、何とも可愛い形をしています。

2010年11月19日 (金)

快晴

今日はとてもいい天気。

たまに雲は出るものの、ほとんど雲ひとつない快晴。

風もなく、まさに小春日和です。

午前中、里では霧が出たようですが、我が家の窓からも、白い飯豊連峰がよく見えました。

午後、グラウンドの唐松林の中を散歩しましたが、木漏れ日が暖かく感じました。

Pb190002_2

二人でリースに使う蔓を取りながら、ゆっくり散歩しました。

愛犬もいつもなら余計な行動は嫌がるのですが、今日は気にならないようで、自分でも道草を楽しんでいました。

Pb190003_2

 

2010年11月17日 (水)

シナノキの実

今年はドングリが本当に少なく、我が家の周りでも、散歩していても、ほとんど見掛けません。

民家の近くでの熊の目撃も、山にドングリがないから、里まで下りたのが原因だそうです。

胡桃や栃の実はよく見たのですが、あれは熊の餌にはならないのでしょう。

今年もグラウンドで、シナノキの実を見つけました。

Pb170002

シナノキの樹皮を使った「しな織りは、古代織りとして有名です。

シナノキはグラウンドや鴫の谷地沼周辺では、結構太いのも見掛けます。

それでも、この実はあまり見ることはありません。

実が付いていたシナノキも大木で、実を採ることは出来ずに、いつも眺めるだけです。

2010年11月16日 (火)

唐松がきれいです

雪がちらつく天気ですが、今夜あたりは積もるのでしょうか?

木々の葉もほとんど落ちた今の時期は、唐松がきれいに見えます。

唐松は別名、落葉松と言うように、今時分は黄葉して葉を落としてゆきます。

グラウンドの遊歩道は、唐松の葉が敷き詰められて、唐松の木立と共に、きれいな光景を見せてくれます。

Pb160003

また、龍山や大森などの眺めも、唐松の黄色の帯が何とも言えないいいアクセントになっています。

Pb160005

2010年11月14日 (日)

雪囲い

穏やかな天気でしたので、庭の雪囲いをしました。

周りの木の葉もかなり落ちたので、落ち葉取りも兼ねての庭仕事です。

年々、二人とも長時間の作業ができなくなってきています。

今年は落葉も遅かったので、なかなか進みませんでしたが、ようやく片づきました。

Pb140023

まだ本格的な雪はしばらく先でしょうが、気分的には一安心と言うところです。

2010年11月11日 (木)

初冬の鴫の谷地沼

空模様も冬間近の様相で、冷たい雨の後の晴れ間は、暖かく感じます。

鴫の谷地に散歩に行きました。

沼の周りの遊歩道は、落ち葉が敷き詰められたようです。

落ち葉の絨毯を散策できるのも、今の時期だけの楽しみです。

もう気温も高くないのですが、風のない穏やかな日は散歩日和です。

日が差すと、水面に映る景色は絵のような趣です。

Pb110013

2010年11月 9日 (火)

クリスマス飾り

今日は風が強く、庭や道路は落ち葉を敷き詰めたようになっています。

雪こそ降っていませんが、初冬の侘びしさです。

庭仕事もできそうもないので、クリスマス飾りをしました。

Pb090001

ここ数年は11月になったらすぐにしていたので、我が家では少し遅いくらいです。

結構時間はかかりますが、飾り付けが終わると当たり前のように馴染むものです。

寒々とした空気が、少し暖かくなった気がします。

2010年11月 7日 (日)

小春日和?

今日は立冬。

昨日よりもっと穏やかな暖かい日で、小春日和と言うのでしょうか。

少し庭仕事をしましたが、こんな日は外にいる方が気持ちがいいものです。

午後グラウンドに散歩に行きましたが、唐松の黄葉と白樺の白い木肌がきれいでした。

Pb070003

天気の悪い日は寒々とした景色も、暖かい日差しがあると何故か暖かく見えるものです。

2010年11月 6日 (土)

スキー場は着々と冬の準備

長く楽しめた今年の紅葉も、そろそろ終盤です。

山の上は常に白くなってきて、もうすぐ冬が来るのを実感します。

散歩で良く行く大森のゲレンデも、少しずつ冬仕度しています。

今日も草刈をしていました。

Pb060002

ネットの支柱も立ち、ピステンも準備OKのようです。

Pb060005

準備には日数が掛かるので、少しずつやっているのでしょうが、冬支度が着々と進んでいるのを感じます。

2010年11月 4日 (木)

ニットの有効利用?

今日は暖かい日差しに恵まれ、久しぶりに気持ち良い天気です。

山の上の方は白く、下の方は色とりどりと、結構いい眺めです。

午前中、少し庭仕事もできて、何となく気分もスッキリです。

洗濯したら縮んでしまったベストがありました。

編んでくれたかみさんが、解いていいる途中で、突然ひらめきました。

我が家のペットのセーターにしようと。

で、若干の編み直しをしてできました。

Pb020006

意外とジャストサイズに出来上がり、当の本犬?もお気に入りの様子。

我が家もご多分にもれず、過保護の親バカですが、ぬくぬくと室内で過ごし続けた犬にとっては、冬の本番の散歩には充分役に立ちそうです。

2010年11月 2日 (火)

インカのめざめ

雨続きの毎日で、おまけに寒くなり、すぐ冬にでもなるのかと感じてしまいます。

庭仕事もままならず、どうしたものかと思案してばかりです。

話は変わりますが、知り合いに頂いたジャガイモの中に、「インカのめざめ」という種類がありました。

ご存じの方も多いかと思いますが、小粒のオレンジに近い黄色いジャガイモです。

Pa290001   

勘違いしていたのですが、アンデスの原種かと思ったら、北海道で開発された品種だそうで、原産地のアンデスで独特の風味と食味を持つ小粒種を日本でも栽培できるように改良した品種だそうです。

栗やナッツに似た風味があり、煮くずれしにくいのが特徴のようです。

煮物もいいようですが、フライにしても合いました。

我が家ではまだやってはいませんが、ケーキなどにも使えそうです。

ジャガイモも、キタアカリなどはかなりポピュラーになりましたが、これからも色々出て来るのでしょうか?

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ