« 秋の赤 | トップページ | アップルチーズケーキ »

茗荷の花

我が家の脇の斜面に、少し茗荷(ミョウガ)があります。

茗荷は、結構藪のように群生していることが多いのですが、我が家ではギボウシや蕗と一緒に生えているので、まばらな感じです。

それでも、茗荷の花は咲きます。

野菜で言う茗荷は、茗荷の花芽のことで、笹のような葉の付いた茎の近くの地面から、花芽が顔を出します。

それを摘んで、薬味や漬物などにして、食べます。

夏の終わりから秋口頃に花芽が出るので、時々見ていたのですが、見落としていたようで、もう花が咲いていました。

P9260003

こうなると、花芽がすかすかに柔らかくなって、食材には向きません。

今年の我が家の茗荷は、食べずじまいで終わりそうです。

|

« 秋の赤 | トップページ | アップルチーズケーキ »

季節の話題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷の花:

« 秋の赤 | トップページ | アップルチーズケーキ »