リンク

最近のトラックバック

ホームページ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

生姜

寒くなってくると、生姜がよく話題になります。

確かに血行がよくなって体が暖まるし、咳を鎮めたり消化促進や風邪予防など、いろいろ効能があるようです。

我が家では、生姜の蜂蜜漬けと佃煮を用意しておきます。

Pb170001

蜂蜜漬けは、すり下ろした生姜に蜂蜜を入れるだけ。

お湯や温めた牛乳に溶かして飲むと体が暖まります。

佃煮は、千切りの生姜を醤油、味醂、砂糖で煮たもの。

そのままご飯の友や、焼き肉の薬味にしたり、肉に絡ませて焼けば、生姜焼きになります。

2011年11月27日 (日)

アドベント

寒い日が続いたかと思うと、今日は一転してポカポカ陽気です。

朝から、飯豊連峰や朝日連峰が良く見えました。

午後、散歩の時には飯豊連峰は雲がかかってしまいましたが、朝日連峰は日が当たってくっきりみえました。

Pb260026

今日からアドベントなので、かみさんが我が家の林の中に残っていた蔓や木の実などで、玄関に飾るリースを作りました。

Pb190008

山百合の蒴果やアジサイの花、サンキライの実などもあり、結構見栄えの良いリースに仕上がりました。

本来はロウソクを4本立てたアドベント・クランツなのですが、クリスマスを楽しんでいる身なので、このくらいがちょうどのようです。

2011年11月26日 (土)

芥子糀

前回、塩麹を作った時に、一緒に芥子糀(からしこうじ)も作ってみました。

Pb150008

きっかけは、地元の情報誌に載っていた記事からで、長井の山一醤油の「あけがらし」という芥子糀の紹介に材料が載っていたからです。

米糀、和辛子、唐辛子、麻の実、醤油、三温糖の6品のみから作るとのこと。

麻の実はなかったので、七味唐辛子で代用し、それぞれの分量もかみさんの感で。

水を使わないので、糀はしばらく堅いままですが、10日過ぎくらいから味が馴染んできました。

ご飯との相性は抜群です。

Pb230004

調味料としてもいろいろ使えそうで、トンカツに辛子の代わりに付けても、美味しく戴けます。

勿論、そのまま酒の肴にも。

2011年11月25日 (金)

大根葉

今日は本格的な雪降りになり、積雪10cm程になりました。

昨日の続きですが、白畑さんからストック用に分けてもらった大根は、もちろん葉ごとです。

スーパーなどでは、葉を落として売っていることがほとんどで、勿体ないと思いますが、輸送や陳列などを考えると、仕方ないのかも。

大根葉は、茹でて刻んでおくと、自家用には便利です。

辛目に炒めて削り節を加えると、ご飯の友にもなりますし、ペペロンチーノに入れてパスタに絡めてても美味しく戴けます。

Pb240002

油揚げを加えたり、オリーブオイルで溶いた明太子を絡めたりすれば、もう一味美味しくなります。

2011年11月24日 (木)

冬野菜のストック

ここ数年、雪が本格的になる前に、白畑さんの畑から冬野菜を分けてもらって、年末くらいまでのストックにしています。

Pb220013

大根、白菜、長ネギなどが中心ですが、その前にもジャガイモや玉葱などもすでにストックしているので、結構種類はあります。

お客様にはこれだけでは足りませんので、買い足しますが、それでも随分役立ちます。

それにしても、ペンション村はいつでも雪に覆われてもおかしくない時期ですが、白畑さんの畑にはまだいろいろな野菜が育っているのを見ると、たいして距離が離れていないように思っても、結構違うのがよくわかります。

2011年11月22日 (火)

風のガーデンと上野ファーム

北海道の話をもうひとつ。

別の知り合いのご夫婦ですが、7月に北海道に旅行に行かれるということで、「風のガーデンを見てきたら」とおすすめしました。

「風のガーデン」とはご存じの方も多いと思いますが、3年程前に放送されたドラマで、その後、舞台となった庭を一般公開するようになったところです。

ご夫婦は、その「風のガーデン」とその庭をデザインした上野さんが経営している「上野ファーム」に行き、風のガーデンのカレンダーのお土産と共に、いっぱい画像を撮ってきてくれました。

Pb210023

両ガーデンとも、寒暖差のある北国ならではの色鮮やかな花色や花期の違いが楽しめる「北海道ガーデン」と銘打っています。

我が家の庭の植物と共通するものが多く、ここと気候・風土が似ているので、とても参考になるものでした。

これからの庭作りに、とてもいい刺激とヒントを与えてくれたお土産でした。

2011年11月21日 (月)

横市バターでパンケーキ

昨日までの暖かさは何処へやら、朝からの雪で少しずつ銀世界です。

Pb210033

明日になったら、どの位積もっているのでしょう?

先日、知り合いからチーズとバターを頂きました。

ご主人の故郷近くの芦別で作っている、横市フロマージュ舎のものです。

Pb200016

チーズはカマンベールでしたので、ボージョレと一緒に美味しく戴きました。

バターは無塩バターですので料理に使っていますが、香りがいいのでパンケーキを作ってみました。

アーモンドプードルを加え、砂糖は三温糖に、更に焦がしバターで香ばしく。

Pb200019

メープルシロップなどをかけなくても、美味しく食べられます。

知り合い曰く、横市バターもチーズも手作りなのであまり出回っていないので、隠れた名産品とのこと。

北海道の良さが感じられる品です。

2011年11月20日 (日)

赤ネギピザ

最近は、スーパーなどで赤ネギが普通に手に入るようになりました。

白畑さんも以前から作っていましたが、今年もいい赤ネギができました。

赤ネギは辛みが強いのですが、加熱すると甘みが引き立ちます。

生のままで薬味にしてキリッとした辛みを楽しむのもいいものですが、やはり加熱して甘みを楽しんでみては。

鍋物には、柔らかくなりすぎないように出来上がり直前に入れると、トロリとした口当たりのよい甘みが楽しめます。

もうひとつ、適度に加熱すると甘みと辛みの両方が楽しめます。

赤ネギピザはまさにぴったりの食べ方ではないでしょうか。

刻んだ赤ネギをパルメザンチーズとオリーブオイルで混ぜ、生地の上に乗せます。

オーブンで焼いてもいいのですが、フライパンで焼きながらバーナーで炙ると、ネギの辛みを充分楽しめます。

オードブルの一品にもなります。

Pb180004

2011年11月19日 (土)

塩麹

先日、味噌作り用に作った麹で、塩麹を作ってみました。

麹と塩を3:1の割合で混ぜてタッパーに入れ、ひたひたに水を入れます。

ラップで密閉して1日置くと、麹が水を吸うので、もう1度ひたひたに水を足して、かき混ぜます。

あとは1日1回ほどかき混ぜるだけ。

Pb050003

だんだんトロトロしてきて、麹を指でつまんでスッとつぶれるようになれば完成。

今の時期で2週間ほどのようですが、あとは冷蔵庫に入れておけば、ずっと保つようです。

調理法は、肉や魚を軽く漬け込んで焼いたり、野菜を漬物にしたりするのが、一般的のようです。

我が家では、まだ麹が堅いので、すりつぶしてソースのようにしてみました。

Pb150004 

試しに鶏肉にかけてみましたが、適度な塩加減と旨味があって、美味しく戴けました。

Pb150005

2011年11月17日 (木)

白いリンドウ

どの位積もるのかと思わせる天気予報でしたが、2日ともうっすら白くなるくらいの雪でした。

それでも、山の上の方は冬のような白さになり、里からの眺めは、紅葉の里山の彼方に白い山が見えるという、きれいな景色です。

我が家の庭の白いリンドウは、今年も雪を被って、花が咲きました。

Pb160010

普通のリンドウは、とっくに花も終わり、冬支度の為に刈り込まれたというのに。

それこそ、雪がスイッチになって、花が咲くのでしょうか。

まだ咲いている大文字草と共に、一時、風雅な光景を見せてくれました。

Pb160011

2011年11月15日 (火)

冬型の天気

何日か前からの天気予報で、今日明日は冬型が強まると言ってましたが、どうやらその通りになりそうです。

朝は山の上が少し白くなった程度で、たいしたことないかと思っていましたが、昼頃から雪が時々強くなったりしています。

うっすらですが、ペンション村も白くなりました。

Pb150007

まだ積もる程の雪降りではありませんが、明日の朝の景色はどうなっているでしょう?

2011年11月13日 (日)

古代米

春に、白畑さんから古代米の種籾を少し分けてもらいました。

紫大黒、黒米、緑米の3種類。

プランターで栽培していましたが、気温などの色々な条件のせいで、出穂はしたのですが、結局米はできませんでした。

プランターを片づけるため、かみさんが稲を刈って、束ねてみました。

Pb120011

ちょっと面白い花束のようで、しばらく飾っておくことにしました。

2011年11月11日 (金)

庭からのプレゼント

さすがに、冷たい雨になりました。

庭の冬仕度も終わり、植物の世話も鉢物くらいです。

庭の片付けの時、剪定したバラの花とバラの実を、まとめてみたら結構きれいでした。

Pb100002

花はアイスバーグ、実はいろいろ3種類。

庭には、まだ 大文字草が咲いていますし、白いリンドウはまだ蕾で、雪が降ってしまうのではないかと、心配です。

今年も、庭の植物たちには楽しませてもらいました。

2011年11月10日 (木)

今日は小春日和

今日はきれいに晴れ、風もなく、気持ちの良い小春日和。

庭の冬仕度も順調に進み、雪囲いも済んで、ほぼ片付いたようです。

道路脇のバラも、ばっさり詰めて若返りを図りました。

Pb100034

二人して、もうあちこちが痛くなってきたのは、困ったものです。

日が暮れるのも早くなり、鴫の谷地沼に散歩に行った頃には、黄葉した唐松林に日当たり、とてもきれいでした。

Pb100024

2011年11月 9日 (水)

味噌作り

以前に作った自家製味噌が無くなりそうなので、久々に味噌作りをすることに。

麹から作るので、準備も結構掛かります。

麹は、前と同じ紙米袋で。

前回は加温に電気毛布を使いましたが、今回はいい物を発見。

湯たんぽを使い、樽に入れて保温することで、安定した温度を確保できることがわかりました。

で、順調に米麹ができました。

Pb060005

設備や仕事量を考えて、今回は味噌の出来上がり量を15kg程度にすることに。

それでも、大豆を煮るのも、寸胴鍋で5時間程掛かります。

煮上がった大豆を潰して、塩切りした麹と混ぜます。

Pb090008

よく混ぜたら、野球ボールのように丸めて、樽に叩き付けて入れていきます。

そうやって空気を抜きながら、詰めていきます。

Pb090013

表面に塩を敷き、ラップで密閉して保存。

あとは、醸されて味噌になっていくのを待つばかりです。

2011年11月 8日 (火)

干し柿作り

少し冷え込みました。

蔵王の山の上が少し白くなりました。

Pb080026

でも、日差しがあると暖かい感じです。

ご近所から頂いた柿で、干し柿を作りました。

紐掛けできるようにへたを残してくれたので、皮を剥けばすぐできます。

Pb080037

干し柿は寒くなってこないと実が傷んでしまうので、農家の方々も今が干し柿作りの最盛期のようです。

紐掛けした柿を、風通しの良い2階のバルコニーに干しました。

Pb080040

あとは、雨に気を付けながら、気長に待つだけです。

2011年11月 7日 (月)

クリスマス飾りをしました

今日は、クリスマス飾りをしました。

飾り付けは、毎年11月になるとしているので、早い方ではありませんが、暖かい日が続いているので、「まだ早いのかな?」などと思ってしまいます。

それでも、飾り付けしていくと、暖かい雰囲気に包まれていくものです。

Pb070024

暖かいのも今日までだそうで、明日は立冬。

雪はまだまだのようですが、寒くなるとクリスマス飾りの暖かさが、心をほっとしてくれるようです。

Pb070012

2011年11月 6日 (日)

シオデの実

木の葉も落ち、草も枯れてくると、蔓ものが目立ってきます。

ツルウメモドキやアケビが目立ちますが、時々シオデの蔓に実が付いているのを見掛けます。

Pb020015

6月下旬頃に採れる「山のアスパラ」のシオデです。

太いシオデは、本当にアスパラのように美味しいです。

実が付くくらいの蔓ですと、きっと立派なアスパラくらいの太さのシオデが採れるのではと思います。

来年のために場所を覚えておくのですが、半分は忘れているようです。

2011年11月 5日 (土)

パンジーいろいろ

ホームセンターなどの園芸コーナーは、今一番商品が少ない時期でしょうか。

その中で目立つのが、パンジーやビオラです。

今から植えても、冬越しして春に楽しめるので、苗がいっぱい置いてあります。

毎年新しい種類がでますが、今年もいろいろでていました。

買い物でちょっと寄ったら、かみさんがつかまってしまいました。

で、空いていた鉢に 買ってきたのが、クリスタルマーメイドという商品名の2色咲きのパンジーでした。

Pb020006_2

2011年11月 2日 (水)

唐松の黄葉

ペンション村周辺の紅葉も、さすがに終盤です。

もみじが紅葉の最後を彩っています。

山はすっかり葉も落ち、唐松の黄葉が杉の緑とのコントラストを際だたせています。

Pb020008

唐松が落葉する頃には、晩秋の装いとなり、冬の訪れを待つ蔵王になります。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ