リンク

最近のトラックバック

ホームページ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月22日 (木)

レモンカード

前にもブログに書いたとは思いますが、レモンカードを作りました。

国産レモンが出回る頃になると、作りたくなります。

溶き卵に、レモンの絞り汁、バター、グラニュー糖を入れて、湯せんし、一度裏ごしてから、また湯せんして、とろみをつけていきます。

Pc200003

適度に堅くなったら、瓶に詰めれば出来上がり。

Pc200004

無農薬なので、皮はレモンピールに。

イギリスではポピュラーなレモンカードですが、酸味があって、ジャムが苦手な方でも、パンやマフィンなどに付けて美味しく戴けます。

2011年12月14日 (水)

漆野いんげん

以前、「やまがた伝統野菜」のシンポジウムに参加したときに、試食で「漆野いんげん」が紹介されました。

漆野いんげんは、金山町漆野の1軒の農家だけで代々栽培されてきた、蔓無しのいんげんで、さやごと乾燥させたものを戻して食べることが出来るのが特長です。

Pc120012

興味を持った白畑さんが金山町に頼んで、特別に売ってもらい、それを分けてもらいました。

通常は1晩水に漬けて戻すのですが、新豆なので圧力鍋で15分程水から煮て冷まし、水を取り換えて醤油、黒砂糖に酢を少し加えて、煮含ませてみました。

Pc130008

画像では少しわかりにくいですが、さやが透き通って中の豆が見えます。

見た目も上品で美しく、さやごと食べられ、それぞれの食感の違う柔らかさも面白い。

手軽に手に入れるのは難しいようですが、いろいろ試してみたくなる食材です。

2011年12月13日 (火)

今年最後の菖蒲通い

年末も近くなったので、白畑さんに黒豆を分けてもらいに行きました。

何回か通った菖蒲も、今年はこれが最後。

天気が良かったので、途中で見える蔵王がきれい。

Pc120007

少し雪が降ったらしいが、まだ寒くはないような風景との対比が、冬の始めを感じます。

畑にはまだ、ルッコラやセロリなどの野菜が残っていたので、分けてもらって青物確保。

なかには、茎にいっぱい付いた芽キャベツも。

Pc120010

帰ってきてから、鞘から黒豆の出す作業に精を出しました。

Pc120015

2011年12月11日 (日)

スキー場開き

昨日は、蔵王温泉スキー場のスキー場開きでした。

まだまだ積雪が少ないので、中央やパラダイスなど一部のみ滑走可のようです。

それでも、今日も雪が降っていますし、明日も雪の予報なので、確実に雪が増えそう。

大森は、さすがに雪はうっすら積もった程度です。

Pc100011

でも、かなり寒いので、雪が融けることはなさそうです。

ところで、昨夜、月食が始まった頃は、きれいに晴れていたので、皆既月食が見られそうと期待していたのですが。

10時半頃、空を見ると、月がぼんやり。

さっきの天気はどうしたんだ。

それでも11時過ぎに、完全防寒で外へ出てみると、月は何処へ。

ぬかよろこびに終わった、天体ショーでした。

2011年12月 9日 (金)

雪が積もりそう

天気予報はずっと雪マークが出ていたのですが、積もる気配がありませんでした。

今日も山の方に雲が掛かっていても、寒いだけで白くなる程度。

Pc080016

と思っていたら、午後から時々強く降ることが。

明日は蔵王温泉スキー場の、スキー場開き。

このまま積もれば、何とかスキー場開きができそう。

皆既月食も見てみたいですが、やっぱり早く雪が積もって欲しい日々です。

2011年12月 6日 (火)

燻製作り

これからのクリスマスや年末年始に使う料理や食材を、準備しています。

料理と言っても、前もって用意しておけるものだけですが、それでも結構あるものです。

今日は鴨と牛タンの燻製の準備を。

Pc040018

2日間ソミュールに漬け込んでおいた材料を70℃で40分ボイル。

後は1晩乾燥させて、燻煙すると出来上がり。

ベーコンはもっと日数も手間も掛かりますが、やはり自家製の美味しさは貴重です。

かみさんの準備の方がずっと大変ですが、少しでも手伝えることがあって良かったかな。

2011年12月 3日 (土)

大根の佃煮

以前、キュウリの佃煮のことを、書いたことがありました。

一度に出来た曲がりキュウリなどを、無駄にしないための知恵だし、重宝なものです。

地元情報誌によれば、白鷹の方が、これを大根で作った「佃煮だいこん」が、テレビ番組で紹介されて、ブレイクしたそうです。

作り方の基本は同じようなので、かみさんが保存してある大根で作ってみました。

Pb300044

先に水気を出しておいたせいもあるのか、キュウリよりもシャキシャキの食感がはっきりしていて、そのままでも美味しく食べられます。

キュウリの佃煮でも美味しかったポテトサラダをこれで作ってみたら、やはり美味しく出来ました。

2011年12月 1日 (木)

やまがた伝統野菜

先日、かみさんが白畑さんの誘いで、山形県主催の「やまがた伝統野菜」シンポジウムに行ってきました。

山形のいわゆる在来作物は150種程あるそうですが、その中のまだあまり馴染みのない代表的な野菜を紹介しながら、販路拡大をどのように取り組んでいったら良いかを考えるシンポジウムのようでした。

講演などの内容は、生産者団体向けであまり参考にはならなかったようでしたが、試食もあり、藤沢かぶの甘酢漬けや、

Pb280040 

漆野いんげんの老酒甘辛炒め

Pb280036_2

など、そちらは楽しかったようです。

普段から白畑さんの野菜や地元の野菜を使ってはいますが、このような伝統野菜が手に入るようでしたら、ぜひ使ってみたいものです。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ