« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

春めいてきた

3月末にもなって、毎日の雪降りで、どうなるのかと思っていたら、やっと春めいてきました。

今日は久々のいい天気で、しかもやっと暖かくなりました。

大森に散歩に行ってきたら、車が結構止まっていて、この天気に春スキーを楽しみに来た人が多かったようです。

P3270012

地蔵岳付近はまだ白く、ゲレンデの積雪はまだ充分のようです。

例年になく雪が多いので、まだ冬のような光景ばかりが目に付きますが、空気に春を感じられるようになって、遠くの朝日連峰も春めいているように見えます。

P3270014

2012年3月26日 (月)

ゴディバ・ベア

山形の知り合いから、かみさんに、ゴディバ・ベアを頂きました。

P3230001

7年続けて頂いている、ホワイトデーコレクションです。

毎年顔の違うベアですが、今年のベアも可愛いベアです。

ずらっと並んでいるので、さすがにお客様の目も引きます。

私からのプレゼントと思われるのが、少々心苦しいところです。

我が家の愛犬も対抗心を持つのか、しばらく睨んでいました。

2012年3月20日 (火)

メンクイ犬

久々のうどん打ちの話のついでですが、我が家の愛犬はメンクイです。

メンクイと言っても、面食いではなく、麺喰い。

どういう訳か、麺類が大好きです。

太いうどんも平気。

P3150003

蕎麦もラーメンもパスタも、みんな大好き。

長いまま上手に、口に入れていきます。

14才になった最近は、わがままで寂しがりやに。

ひとりにしておくと、吼えまくるようになり、困っています。

ご迷惑をお掛けすることがあるかと思いますが、何卒ご容赦を。

2012年3月19日 (月)

松山あげ

まさに三寒四温なのでしょうか、今日は雪が降る寒い日になりました。

それでもやはり、真冬のような凍り付く寒さとは違います。

かみさんが、久しぶりにうどんを打ってくれました。

P3150002

お昼に美味しく戴きましたが、つけ汁には最近気に入っている「松山あげ」を入れました。

「松山あげ」は、名前の通りに松山名産の油揚げです。

P3170015 

日持ちのする干油揚で、油抜きせずにそのまま、汁物や鍋、炒め物などに入れることができる優れものです。

普通の油揚げのようなしっかりした食感はありませんが、きつねとたぬきを同時に味合うような食感が楽しめます。

2012年3月18日 (日)

紅大豆パン

前にも紹介したことがありますが、山形の伝統野菜のひとつに紅大豆があります。

川西町で「赤豆」と呼ばれて、主に煮豆用に栽培されていたものです。

最近は川西町の特産として、紅色の皮色を活かしたいろいろな食品も開発されているようです。

我が家でも、紅大豆をスープや魚料理のソースに活用しています。

やはり紅い皮色が、普通の大豆とは違う味わいを出してくれます。

今回は煮豆にした紅大豆を、パン生地に練りこんでみました。

P3080001

ほんのりと紅い生地色と、甘みに塩味の余韻が残る食味がいい感じです。

2012年3月16日 (金)

雪ロール

今日は春めいた陽気で、日の当たるところにいると、何となく暖かく感じます。

室内もちょっと模様替えをしたりして、少しずつ春らしくなっていきます。

外はどこも例年にない雪の量で、まだまだ冬のように見えますが、木の芽も膨らんできて、春が待ち遠しいかのようです。

散歩に行ったグラウンドでは、雪ロールも見られるようになりました。

P3140001

暖かくなってくると、木に付いていた雪が落ちたりして、斜面の上から転がった雪がロールのように丸まって出来るのですが、雪玉を投げて作ろうとしても出来ない、自然の造形です。

また一歩、春が近づいてきたようです。

2012年3月14日 (水)

早春の訪問者

昨日は思いがけない大雪で、3月でもこんなにと言うほど、また雪が積もりました。

ダイニングの窓に雪が押し寄せてきそうになり、慌てて雪の山を崩しました。

雪を片づけた後の窓辺に、鳥がやってきました。

P3120011

窓際にある赤いバラの実に、毎年今時分、鳥たちがやってきます。

他に食べ物がそろそろ無くなる頃なのか。

窓辺の外の鉢棚には、かみさんが米粒や餅くずを置いておくので、それを目当てにくる鳥もいます。

今日きたのは、ヒヨドリ。

P3120014

バラの実を食べるのか思ったら、米粒を一所懸命ついばんでいました。

2012年3月11日 (日)

3.11

もう1年なのか。

まだ1年なのか。

自分には何か出来たのだろうか?

自分には何も出来なかったのだろうか?

怒ったり嘆いたりするのは、たやすいけれど。

教訓と呼ぶには、あまりに大きな代償だけど。

当たり前の日常が、どれほど幸せなことか。

今日、改めて思う。

P2200002 

2012年3月 9日 (金)

豆苗

最近、豆苗(とうみょう)が人気だそうで、特売もするようになったようです。

豆苗とは、エンドウ豆の若芽のことで、もともと中華料理の高級食材だったそうですが、今は水耕栽培によって、1年中出回るようになりました。

豆苗は普通、根付きで販売されています。

根がらみ栽培というのだそうですが、豆が付いたまま売っているので、一度使った後、水を入れておくと、2週間程でまた売っているくらいに伸びるんですね。

P3060002 

水さえあれば、また収穫出来るなんて、なんとエコなことでしょうか。

さすがに、もう一回収穫するのは無理でしょうか?

2012年3月 7日 (水)

スノードロップ

さすが3月になると、ちょっとの間に春めいてくるものです。

少しの雨でも雪解けがすすむようで、道路の雪はなくなり、山の木々が目立つようになりました。

我が家の花壇の雪も急に減り、スノードロップの花がすぐに顔を出しました。

P3060001

毎年のことながら、真っ先に春を告げてくれる花です。

2012年3月 5日 (月)

啓蟄

昨日は今シーズンで、1~2を争うようないい天気でした。

日曜日ということもあって、スキー場もとても賑わっていました。

賑わっていたと言えば、蔵王でやっていた女子ジャンプワールドカップも、2千人ものギャラリーを集めたようです。

前日にW杯初優勝した高梨沙羅選手の活躍で、関心も高まったせいでしょう。

スターの集客力をまじまじと見せつけられた気がします。

昨日の天気から一転して、今日は湿った雪です。

それでも、何となく冬の雪とは違います。

今日は啓蟄。

やはり、少しずつ春が近づいているようです。

我が家の出窓では、ゼラニウムがきれいな花を咲かせています。

P2290008

真紅のビロードのようなこの花は、かみさんも私も好きな花です。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ