« 霞城公園のヒガンバナ | トップページ | 秋植え球根 »

2012年10月10日 (水)

ビーツ

ビーツはアカザ科のサトウダイコンの変種で、赤い色をしたカブのような形です。
赤い色はアントシアニンではなくベタシアニンという色素で、加熱しても色があせない。
土臭い野菜ですが、色、香りとも他に代用できるものがないほどの個性を持っています。
ビーツの料理で有名なのはボルシチですが、サラダ、ピクルスやスープなどにも利用されます。
暑さに弱く寒さに強い作物なので、北海道ではよく作られているようですが、山形でも限られた店にですが毎年わずかに出回ります。
かみさんが好きな野菜で、保存もきくので、売っていたら必ず買います。
今年は早めに出回ったので、早速買っておきました。
今回はスープに。

P10006721

トマトと玉葱と一緒に調理して、独特の風味と甘みを楽しむスープになりました。
でも、ビーツを見るとやはりボルシチが食べたくなります。

« 霞城公園のヒガンバナ | トップページ | 秋植え球根 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/55860701

この記事へのトラックバック一覧です: ビーツ:

« 霞城公園のヒガンバナ | トップページ | 秋植え球根 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ