« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

大根葉の有効利用

白畑さんから大根を分けてもらった時、葉ごと頂いてきました。

P1190324

大根葉は茹でて処理しておくと、色々使えて便利です。

P1190325

細かく刻み、鰹節と胡麻を加えて醤油味で軽く炒めたものは、そのままご飯にかけても炒飯にしても美味しいです。

もうひとつは、肉味噌炒めにしたもの。
そのままでも、おかずになりますが、焼きうどんにしても美味しい。

P1190334

パンに挟んでパニーニにしても、お焼きぽくってこれも美味しい。

P1190337

刻んだ葉をそのまま冷凍しておいても、スープの彩りに使ったり出来ます。

2016年11月28日 (月)

新作リース

ナチュラルリースが多いので、ポップなリースを作りたくなって、カラフルなものにトライ。


P1190320

P1190321_2

P1190322

若い女の子が部屋に飾るイメージで。

もうひとつは、天然素材そのものですが、ひらめいたので。

P1190327


白畑さんの畑に立ち枯れしていた、紫蘇の実の鞘がきれいだったので、リースにしてみました。

P11903401

2016年11月27日 (日)

アンティチョークの茎

白畑さんの畑の、アンティチョークの茎を頂いてきました。

P11902961

茎といっても、葉の部分の茎です。

P11903001_2

アンティチョークによく似た、カールドンの茎がたべられるので、試してみることに。

P11903011

葉を取り、アクが強いので、酢水に浸けながら筋を取ります。

P11903021

圧力鍋で8分蒸して、柔らかくします。

P11903071

ゴボウが蕗になったような食感と風味で、甘みもあり、ホクホク感もあって、食材としてはオールマイティーです。
サラダやバーニャカウダーにしたり、煮物にも合いそうです。

P11903081_2

今日は、グラタンにして戴きました。






2016年11月26日 (土)

冬前の収穫祭

毎年恒例になった、白畑さんの畑の野菜を分けてもらいに行ってきました。

P11902981_2

とてもいい天気で、収穫作業も気持ちがいい。
収穫と言っても、ほとんど採っていてくれるので、車に積み込むだけみたいなものですが。

P11902991

雪が降って畑が出来なくなる前に、残っている野菜を分けて頂くのですが、その年によっていくらか収穫物も変わりますが、毎年とても役に立っています。

2016年11月25日 (金)

干し柿ロールケーキ

上山特産の干し柿「紅柿」。

P11902151

甘みの強い美味しい干し柿です。

この紅柿を使ったロールケーキを作ってみました。
昨年作ったものが手に入ったのですが、少し硬くなっているので、紅茶に浸して柔らかくしました。

P11902161

これを細かく刻んでおきます。
室温に戻したクリームチーズとバターをクリーム状に練って、先ほどの刻んだ干し柿を混ぜます。
これを共立てのしっかりしたシート生地で、細身のロールケーキにしました。

P11902171

甘みは干し柿だけで充分です。
あえての有塩バターで、塩味の効いたクリームチーズベースが更に美味しくなります。ちょっと大人っぽい感じの味ですが、お子様にも喜ばれるのではないでしょうか。

干し柿をラムなどのリキュールで戻すと、もっと高級感が出ると思いますが、アルコール分が残るので色々気を付けないといけないでしょう。

2016年11月24日 (木)

秋の名残り

東京で雪が降り、54年ぶりの11月の初雪とか観測史上初の積雪とかで、ニュースになっているようです。

この辺りは、昨日から雪はちらついているのですが、山の上が少し白っぽくなっている程度です。

P11902631

積雪と言うよりか、霧氷と言った感じでしょうか。

午後、日差しも見えてきたので、鴫の谷地に散歩に行ってみました。
思ったほどの寒さでもなく、気持ちよく1周できました。

木々の葉もすっかり落ち、少し雪を被った木の実が目立ちます。

P11902521

潅木の赤い実が、雪をちょこんと乗せていました。

P11902531

葉をまだ残したサンキライ。

P11902561

シオデの実は、もう少し経ったら落ちるのでしょうか。

雪がまだ積もる前だから楽しめる、秋の名残りです。


2016年11月20日 (日)

ちょっとした雲海

冬前の穏やかな日には、街に下り時に、ちょっとした雲海のような景色が見られます。

P11902101

今日の霧は少し薄くて、間もなく晴れましたが、まさに雲海のようになることも。
出勤時の濃霧など、迷惑至極だとは思いますが、この時期の山からの眺めは結構いいものです。

2016年11月19日 (土)

素麺の桐箱を使って

素麺の桐箱、勿体なくてとっといてあるお宅、結構あるんでは。
そんな桐箱をいくつか、知り合いからもらいました。

まずは、箱を白のワトコオイルで塗り、押し花を詰めて。

P11902021

色々な種類を使うことで、経年変化も楽しめるものに。

クリスマスローズをメインに、リース型の押し花に。

P11902011

転写シールで、おしゃれに。

クリスマスローズのドライフラワーを箱詰めに。

P11901991

リボンやアクセサリーで、変化をつけて。

桐箱は軽くて、壁飾りに最適です。

2016年11月18日 (金)

紙粘土フラワーを使ったリース

紙粘土で作った花を、リースの材料に。

P11902031

紙粘土のバラやオーナメントは好みの色に染めて、イメージに合わせて。

P1190206

黒板やフレームの縁飾りにも。

2016年11月17日 (木)

シャビーシッククラフト

木の実などを使って、シャビーシッククラフトを作っています。

P11901831

木箱に色々な素材を並べて、デザインします。

P11901851

P1190186

最近お気に入りの、表現です。



2016年11月14日 (月)

庭の冬支度

冬を控えて、庭の冬支度を済ませました。
暖かい日が続いてくれたおかげで、順調にできました。

P1190113

建物やバラの雪囲いは、年々面倒な作業に思えるようになりましたが、春先のことを考えるとなかなか手が抜けません。

P1190111

玄関の出窓のバラの剪定は、思い切ってすっきりさせることに。

P11901151

咲くと注目を集めるピエール・ド・ロンサールも、大胆に剪定して樹形を大幅に変更。

P11901511

まだ木に残っている枯れ葉は、まだ何回か片付けるようですが、まずはひと段落。

P11901781

林の中を整理したら、アケビの蔓がいっぱいあって、リース土台がいくつもできました。




2016年11月13日 (日)

唐松の黄葉がきれい

すばらしい晴天でしたので、久し振りにグラウンドに行ってみました。

P11901191

日が差し込んで、唐松の黄葉がとてもきれいでした。

P11901211

唐松の落葉もすすんでいて、散策路は絨毯を敷いたようです。

P11901261

白樺も葉が落ちて、幹の白さが鮮やかに見えます。

鴫の谷地沼にも行ってみました。

P11901331

今の時期しか見られない、唐松の黄色と杉の緑と落葉した木立の灰色のコントラストが見事な景色です。

穏やかな晩秋のひとときです。




2016年11月12日 (土)

きれいな夕日

午後からのいい天気で、小春日和の暖かい陽気になり、久し振りのきれいな夕日が見られました。

P11901061

遅めだった庭の冬支度も、順調にすすみ、明日には終わりそうです。

2016年11月11日 (金)

マイブームのボタニカルクラフト

冬を前にして時間がとれるようになったので、いろいろな作品を作っています。

P11900921

シャビーシックなイメージで。

P11900931

蝋でコーティングしてよりマットな仕上がりに。


P11900961

久々に木の実のツリーを作りました。

植物素材を使ったクラフトは、自然の造形の美しさが楽しめて、好きです。

2016年11月10日 (木)

うっすら雪化粧

昨日たいした雪降りではないと思っていたら、午後から結構な降り方に変わりました。
夜には、道路も白くなる程になりました。

今朝はそこそこの雪景色。

P11900771

P11900651

冷え込みも冬並みになりましたが、融けるのも速く、屋根や庭に少し残る程度の雪になりました。

さすがに、高い山は真っ白になり、夕日を浴びて輝いていました。

P11900831

P11900841

まだ滑れるほどの積雪ではありませんが、案外今年の冬は早いのでしょうか。

2016年11月 9日 (水)

形が面白い姫胡桃

天気予報では、山沿いでは結構な積雪になりそうな話でしたが、思った程の雪にはなっていません。

P11900201

庭にうっすらと積もる程度で、一面の銀世界にはならないようです。

話は変わりますが、前にも話題にした「姫胡桃」。

P11900031

形が蝉に似ていることから、この辺では「蝉胡桃」と言うそうですが、殻が叩くと簡単に割れて、中身が出しやすく、しかも中身の量が多いと言う、なかなかの優れものです。

P11900071

今回は、乾煎りして、殻にひびを入れ、きれいに割って、殻も有効利用しようと。
殻の形がきれいで面白いので、片面だけでなく、元の形に戻しても使えるようにしました。

P11900131


中身は、ルッコラにリンゴと紫水菜、紫人参を和えたサラダに散らして戴きました。
ちなみに、後ろに見えるのは、黄色い人参を烏賊人参風にアレンジしたものです。


2016年11月 8日 (火)

紅葉も見納め?

いつになく、11月に入っても紅葉が楽しめた今年でしたが、そろそろ見納めになるかも。

P11809901

明日あたりから天気予報に雪マークが出てきて、冬型が強まりそう。

P11809931

さすがに、落ち葉の勢いも増してきているので、一気に枯木立の様相になるかも知れません。
紅葉は里で楽しむ時期になったようです。

2016年11月 6日 (日)

紅玉でリンゴジャム

リンゴが出回る季節になって、紅玉が手に入ると、焼きリンゴやジャムを作ります。

P1180926

焼きリンゴは自分たちで食べてしまいますが、ジャムは朝食用に用意します。

P1180928

どのリンゴでもジャムはつくれますが、やはり紅玉が一番向いているようです。
酸味も適当にあって、美味しいジャムになります。

P1180930_2


剥いたリンゴの皮にシナモンを入れて、アップルティーにします。

P1180927

副産物とは言え、ティータイムに楽しみな一品になります。

2016年11月 4日 (金)

コラージュでクリスマスツリー

気に入った写真や本の表紙などを、モノクロコピーしたものをコラージュして、クリスマスツリーを作ってみました。

P11809521


モノクロコピーした紙をツリー型に貼り付けてコラージュし、周りの余白を英字新聞などで埋めて形を整えて出来上がり。
畳1枚弱くらいの大きさがあるので、インパクトも大。
離れて見ても、近くで見ても、おもしろいツリーになりました。

2016年11月 3日 (木)

手作りクリスマスpart2

手作りクリスマスリースのいくつかです。

P1180875

定番のマカロニリースです。ハート型を使って。

P1180881_2

100均商品で、全部で500円。

P1180887

蔓をざっくり編んで、オーナメントを入れ込んで、大きいのに軽いです。


P1180896

木の実とレースやタッセルを使って。
木の実の種類が多いのがポイントです。


P1180902

番線を土台にして、手作りの布の花とフェザーを使って。

フェルトを使って、メルヘンな三日月を作ってみました。

P1180906

P1180909


P1180911








2016年11月 2日 (水)

手作りクリスマス

毎年クリスマス飾りをしていますが、手作りのものがだんだん増えてきています。

ます、ツリーをいくつか。

P1180872

コルクを使って。土台のスタイロフォームに布を巻いて。


P1180871

吸水性スポンジをツリー形にしたものにフェルトを巻いて。


P1180877

額にドライフラワーを張って、蝋を流し込んだもの。


P1180903

100円ショップに売っていたトレーを塗って、ドライフラワーをコラージュしたもの。


P1180905

板に木の実でツリー形のコラージュ。


P1180904

ビーズをワイヤーに通して、ツリーに。

松ぼっくりや木の実は、日頃から集めておくと便利です。

P1180880

器に詰めただけでも。

P1180884

紙粘土のバラやとっておいたリボンを使って。


P1180889

幅広リボンを土台にして、ドアスワッグに。


P1180897

赤く染めて、ツリーのオーナメントに。


P1180900

ショッピングバッグに吸水性スポンジを詰めてアレンジ。

P1180899

ガーランドにして、ツリーに。

2016年11月 1日 (火)

紅くるり大根で作るポトフ

「紅くるり」と言う紅大根は、よくある赤い大根と違い、普通の大根と大きく違わない柔らかさと瑞々しさがあって、生でたべても美味しい大根です。

P11806941

ただ、煮物にすると色がきれいに仕上がらないので、ポトフにしてみました。

P11807171

すると、色がきれいに出て、美味しく戴けました。
黄色い人参と合わせてカラフルになり、見た目もきれいです。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ