リンク

最近のトラックバック

ホームページ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月15日 (木)

順調に冬になってます

本格的に冬の天気になったようで、このところ毎日雪降りです。
我が家の様子も、冬モードです。

P1190526


ゲレンデもまだ一部だけのオープンですが、積雪が増えてきていますので、もうちょっとと言う感じでしょうか。

2016年12月10日 (土)

蔵王温泉スキー場開き

今日は、蔵王温泉スキー場のスキー場開き。
上の台ゲレンデで、安全祈願祭とスキー場開きが行われました。

P1190496

降雪機のおかげもあって、なんとか白くなったゲレンデで、神事とイベントが行われ、スキーシーズンが始まりました。

P1190501

まだまだ積雪は足りませんが、連日の雪降り予報に期待して、準備怠りなくと過ごしています。




2016年12月 8日 (木)

我が家も少し白く

だいぶ寒くなってきました。
上空の寒気が下がらないようで、まとまった雪がなかなか降ってくれませんが、少しずつ白くなってきています。

昨日は少し積もるくらいに降って、今朝は我が家の周りも白くなりました。

P1190457

山も見た目は白くなってきています。

P11904741

ゲレンデの積雪はまだですが、そろそろまとまった雪が降りそうな季節になってきました。

2016年12月 5日 (月)

みそになったリンゴの食べ方

ご近所さんに、みそになったリンゴを頂きました。
かなりサクサクした感じで、カリッとしたリンゴが好きな人には食べたくないリンゴ。
この手のリンゴが嫌いでない我が家では、そのまま食べても結構美味しく戴けるのですが、他にいい食べ方はないかと。

実が柔らかいのを利用して、アップルケーキにしてみました。
リンゴを大きにざく切りしてソテーし、パウンドケーキベースにたっぷり入れて焼いてみました。

P1190448

リンゴが柔らかいので、食感もしっとりといい感じに焼き上がりました。

ところで、「みそになる」という言い方って、山形の方言のようですね。
ちょっと調べてみたら、北海道や長野では「ぼける」と言うようです。
みなさんの地域では何と言いますか?

2016年12月 4日 (日)

シダーローズの元

鴫の谷地沼の遊歩道には、桜やつつじなどに混じって、ヒマラヤスギが植えられています。

P11904371

そのヒマラヤスギに今、松笠のような実が付いています。

P11904361_2

この実、正しくは球果というのですが、この球果がシダーローズの元。

P11904411

これが、冬になると松笠のように開いて、鱗片の隙間の種は風に飛ばされ、鱗片は下に落ちます。
この時、球果の先の部分(頭頂部)が固まったまま落ちるのですが、これがシダーローズと言う訳です。

P1190446

実が落ちる時期は地域によって違うようですが、冬から春先にかけてが多いようです。
ヒマラヤスギは公園に植えられていることが多いようなので、シダーローズを探してみては。

2016年12月 3日 (土)

今年はサンキライの当たり年?

木々の葉もきれいに落ち、雪がまだ積もらない今の時期は、木の実が目立つ時期でもあります。
赤い実は特に目に留まりやすく、サンキライ(サルトリイバラ)を探すのには最適です。
道路脇の法面にあることが多いのですが、高くて届かないものも結構あります。

今年は、いつも目に付くところ以外でもあり、当たり年なのでしょうか?
いつになくきれいなサンキライが採れたので、つい玄関に飾ってしまいました。

P11902941



2016年12月 2日 (金)

岩山椒と切さんしょ

京都のお客様から、「岩山椒」をお土産に頂きました。

P11902461

京都の和菓子屋「鍵善良房」さんのお菓子。

P11902441

山椒を混ぜた羽二重餅でこし餡を包み、和三盆糖をまぶしたもの。
上品な甘さの餡に、山椒のピリッとした辛味が絶妙。
山椒好きにはたまらない一品です。
さすが、京菓子と思わせるものでした。

山椒つながりで、鶴岡の「切さんしょ」が話題になっていましたので、「ぐっと山形」に行ってみたら売ってました。

P11904311

江戸時代より12月17日は「観音様のお歳夜」と言われて、鶴岡市旧七日町の観音堂が「だるま市」で賑わい、その前後に年の瀬の縁起物として売り出されるお菓子です。

山椒を乾燥させ、引いたもち米と一緒に蒸しあげ、細く切った餅菓子で、厄払いの縁起菓子として短い期間だけに作られる鶴岡の名物だそうです。

2016年12月 1日 (木)

白菜のロール漬け

白菜漬けを小分けに出せて、漬物としても付け合せにも使えるサラダ感覚のロール白菜。

P1190354

白菜を塩でしんなりさせておきます。

P11903521

香味野菜や昆布などを千切りにしたものに、塩麹を混ぜます。

P1190353

これをロールキャベツのように、白菜に巻いていきます。

P11903641

スライスして盛り付ければ、見た目もきれいで食べやすく、洋食にも合います。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ