« 白菜のロール漬け | トップページ | 今年はサンキライの当たり年? »

2016年12月 2日 (金)

岩山椒と切さんしょ

京都のお客様から、「岩山椒」をお土産に頂きました。

P11902461

京都の和菓子屋「鍵善良房」さんのお菓子。

P11902441

山椒を混ぜた羽二重餅でこし餡を包み、和三盆糖をまぶしたもの。
上品な甘さの餡に、山椒のピリッとした辛味が絶妙。
山椒好きにはたまらない一品です。
さすが、京菓子と思わせるものでした。

山椒つながりで、鶴岡の「切さんしょ」が話題になっていましたので、「ぐっと山形」に行ってみたら売ってました。

P11904311

江戸時代より12月17日は「観音様のお歳夜」と言われて、鶴岡市旧七日町の観音堂が「だるま市」で賑わい、その前後に年の瀬の縁起物として売り出されるお菓子です。

山椒を乾燥させ、引いたもち米と一緒に蒸しあげ、細く切った餅菓子で、厄払いの縁起菓子として短い期間だけに作られる鶴岡の名物だそうです。

« 白菜のロール漬け | トップページ | 今年はサンキライの当たり年? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/64571822

この記事へのトラックバック一覧です: 岩山椒と切さんしょ:

« 白菜のロール漬け | トップページ | 今年はサンキライの当たり年? »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ