リンク

最近のトラックバック

ホームページ

« ハンネマニアとイリス・クリスタータ | トップページ | 山菜の保存 »

2017年5月27日 (土)

山椒で佃煮と山椒塩を作る

我が家の山椒が結構伸びたので、枝を少し整理しました。
折角なので、落とした枝に付いている若い葉を有効利用することに。

P1200302_4

葉を枝から取り、洗います。

P1200303_2

佃煮には、まず茹でて少し晒します。

P1200304_3

絞った山椒を細かく刻み、酒大さじ3・みりん3・醤油2で、佃煮に。
水気が飛んだら出来上がり。

P1200305

好みで、胡麻やジャコなどを入れても。
実山椒より辛味は弱いですが、味は変わりません。

山椒塩を作るには、洗った葉を陰干しします。

P1200340_9

数日でパリパリになったら、塩を混ぜてすり鉢で細かくします。

P1200457_11

細かい枝などを取り除けば、出来上がり。
刺身や天ぷら、焼き鳥の塩などに合います。






« ハンネマニアとイリス・クリスタータ | トップページ | 山菜の保存 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/65335080

この記事へのトラックバック一覧です: 山椒で佃煮と山椒塩を作る:

« ハンネマニアとイリス・クリスタータ | トップページ | 山菜の保存 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ