« ローズマリングで庭にアクセントを | トップページ | 姫小百合咲いています »

2018年5月24日 (木)

桜の塩漬け

1年ほど前、ペンション村入り口にあった八重桜の木を切りました。
長年の除雪で押されて倒れ、起こすことも出来ない状態になってしまいました。
共同作業の都合もあり、まだ花が咲いていたのですが、切ることにしました。
咲いていた八重桜の花が勿体ないので、塩漬けにすることに。

八重桜の花が、塩漬けに一番向いた花なのです。
水で洗って、あとは塩に漬けて保存。
しばらく漬けたら、一度出して梅酢をかけてまた3日ほど漬けます。
花の色がきれいな色になったら、ザルに広げて3日ほど陰干しをして乾かします。

Gazo31

最初の漬け込みは1晩から長くても3日ほどで良いのですが、なぜか梅酢が手に入らなかったので、1年も漬けてしまいました。

Gazo5

乾いたら瓶に入れて保存。
副産物の桜塩もきれいに採れました。

Gazo4

1輪を湯のみ茶碗に入れて、桜茶?にして戴きました。
お湯だけでも、いい香りの上品なお茶です。

この桜の塩漬けを使って、お菓子を作ってみたいと思います。

« ローズマリングで庭にアクセントを | トップページ | 姫小百合咲いています »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/66754443

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の塩漬け:

« ローズマリングで庭にアクセントを | トップページ | 姫小百合咲いています »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ