« 山形セルリーを美味しく戴く | トップページ | 桜の塩漬け »

2018年5月23日 (水)

ローズマリングで庭にアクセントを

庭にちょっとしたアクセントをと考え、鉢の受け皿にローズマリングを描いて置いてみることにしました。

ローズマリングとは、ノルウェーで18~19世紀に花開いたトールペイントですが、アメリカに移住したノルウェー系移民が紹介して広まったようです。
ローズマリングで装飾された家具や家の写真を見たことがあるのでは。

まずは感を取り戻すべく、使わなくなった木枠の付いたガラスに描いてみました。

Gazo3

ガラスにアクリルペイントを塗って下地を作り、ローズマリングを描き込んでいきました。
最初は地味な感じでしたが、手を加えていき納得の出来上がりに。
談話室に飾ってみました。

次に、素焼きの受け皿に下地を塗って、ローズマリングを描きこみ。

Gazo61

Gazo41

全部で5枚描いて、出窓の下に並べてみました。

Gazo51

大きさも絵柄も違うローズマリングで、庭の雰囲気が少し変わったのでは。


« 山形セルリーを美味しく戴く | トップページ | 桜の塩漬け »

ペンションの事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/66751130

この記事へのトラックバック一覧です: ローズマリングで庭にアクセントを:

« 山形セルリーを美味しく戴く | トップページ | 桜の塩漬け »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ