リンク

最近のトラックバック

ホームページ

« 元気なオカトラノオ属 | トップページ | 冷やし粕汁と冷たい大根スープ »

2018年7月11日 (水)

カサブランカだった筈が

我家の庭はあじさいと共に、百合も咲き始めています。
百合はどうも、冬の間にネズミに球根を食べられてしまうようで、年々減ってしまいます。

そんな中で、建物脇で毎年咲いていた百合が、今年も咲いてくれました。

Gazo31

あれ?確かカサブランカだった筈が、なんと、ピンクの花に。

調べてみると、ヤマユリからカサブランカを作るため交配した元の百合の花色が、長い間に戻って出てきたのではないかという説が載っていました。
何年も咲き続けたせいなのでしょうか。

Gazo11

クレマチス・モンタナの花が終わった後の、綿毛のような果球を摘み取りました。
そのままドライにして、クラフト材料に使います。

Gazo2

去年の果球は、ハーバリウムやボトルフラワーに使ってみました。
優しいふんわり感が、独特の雰囲気を出しています。

« 元気なオカトラノオ属 | トップページ | 冷やし粕汁と冷たい大根スープ »

季節の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527904/66929210

この記事へのトラックバック一覧です: カサブランカだった筈が:

« 元気なオカトラノオ属 | トップページ | 冷やし粕汁と冷たい大根スープ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ