« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

我家のミョウガを使って

我家のミョウガが採れたので、いろいろ作ってみました。

Gazo11_2

紫蘇と合わせて、夏の香味野菜として楽しみました。

Gazo21

まずは、紫人参と白玉葱にスプラウトを加えて、サラダ。
レモン果汁をドレッシングにして、さっぱりと。

Gazo3

こちらは、煮干出汁の汁で、水煮の鯖と一緒に素麺のぶっ掛けに。
暑い夏のお昼に最高です。

Gazo41

最後は、たっぷりのすり胡麻と味噌に、キュウリと大根のスライス、鯖と豆腐を加えて、宮崎風冷汁に。

急に涼しくなってきたので、食べ収めになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一人のビートルズ・・・スチュアート

昨日載せたポスターの中の前に立っている人物はわかりましたか。

彼の名は、スチュアート・サトクリフ、愛称「スチュ」。
「5人目のビートルズ」と呼ばれることも。

Gazo2


ビートルズ誕生の頃、ベーシストとして参加していた彼は、演奏先のハンブルグで女流カメラマンのアスリッド・キルヒヘルと出会い、次第にビートルズが有名になっていく中で、メンバーを離れて、絵と彼女への愛に全精力を捧げ、ビートルズが凱旋公演にハンブルグに到着する数時間前に、21才で息を引き取りました。

1994年公開の映画「バックビート」は、これを描いたもの。

Gazo1_2

2枚目のアルバム「With The Beatles]のアルバムジャケットは「ハーフ・シャドウ」と呼ばれていますが、この元々のアイデアは彼女によるもので、マッシュルーム・カットも襟なしスーツもオリジナルのアイデアは彼女のものだそうです。

Gazo3

地下の談話室に飾ってあるポスターは、スチュが描いた絵です。
説明しないとわからないものですが、今年になってこの絵がスチユの絵だと知っていたお客様に出会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバプール土産のポスター

リバプールに行かれたお客様から、お土産にビートルズのポスターをいただきました。

Ae9

今まで出たアルバムをまとめたもので、解散までの15枚に、「ANTHOROGY」や「Live at the BBC」などの後から出たものを入れた、22枚のアルバムポスター。

Af9

地下の談話室が、賑やかになりました。

Af3

ちなみに、デビュー前のメンバーが写ったこの写真。

後ろの二人は、ジョージとレノン。
では、前の人物は誰だかわかりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボタンヅルの花

最近、道路脇などにボタンヅルの花が目立つようになりました。

Gazo31

これは鴫の谷地のテニスコート跡に、這うように伸びたボタンヅルの花です。

Gazo21

小さい白い花が終わった後は、綿毛のようになります。

Gazo11

何年か前に、綿毛になったボタンヅルをリースにしたものですが、今でもきれいに残っています。

Gazo4

こちらはブタナの綿毛ですが、タンポポよりも小さくて作り物のようです。

Gazo5_2

帰りに、アケビの実を見つけました。
まだ青いですが、収穫の秋も近づいているようです。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

キアゲハの幼虫part2

先日、エゾニュウにいるキアゲハの幼虫のことを書きましたが、その時にいた大きな幼虫は翌日には見当たりませんでした。

生存競争は厳しいですが、その時いた小さな幼虫は、その後順調に成長していました。

Gazo11

5~6匹ほどが同じくらいに成長していて、食べるところがどんどんなくなり、一ヶ所に集まり始めました。
果たして食料は確保できるのか心配ですが、動かなくなってきた幼虫も出ています。

Gazo2

もしかして、もう少しで蛹になるのでしょうか?

鳥などに食べられないよう、願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今庭にある花

夏の盛りも過ぎ、我家の庭も秋の気配へと移ろいつつあります。

今庭に咲いている花です。

Aq21

ヘレニウム

Aq11

クサボタン

Ap51

レンゲショウマ

Ap9

キレンゲショウマ

Ap8

こんなのもあります。ミョウガ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ススキがもう

鴫の谷地沼に散歩に行ったら、もうススキの穂が出ていました。

Gazo1

停まっていた赤トンボも、しっかり赤くなっています。
いつものことですが、お盆を過ぎると秋めくのは、暑い夏が長かった今年も同じようです。

いままで気づかなかったのか、鴫の谷地沼で初めて見つけた植物がありました。

Gazo21

ナンバンハコベです。
ナデシコ科ナンバンハコベ属の多年草で、山野に自生する在来種とのこと。

Gazo3

もう実になっていたものもありました。
熟すと黒くなるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エゾニュウにキアゲハの幼虫が

お盆も過ぎて、お客様もひと段落です。
一昨日昨日と昼間も20℃位の気温で、突然の肌寒いくらいの陽気に体が追いつきません。
今日はいくらか夏らしく戻りましたが、なんとなくもう秋の気配です。

鴫の谷地沼やペンション村周辺には、エゾニュウがあちらこちらに見られます。

Gazo61_2

北海道にあるような大きさではありませんが、2m位にはなります。
我家の庭にも、今年エゾニュウが出て2m超えに伸び、ようやく花も咲きました。

ところが、ある日花が所々無くなっています。
よく見ると、キアゲハの幼虫が。

Gazo31


Gazo5

キアゲハの幼虫の食草はセリ科植物。
エゾニュウはセリ科シシウド属。

Gazo4_4

幼虫は何匹もいますが、大きくなっているのはいまのところ2匹。
食べられてしまうものもいて、生存競争は厳しそうです。

あとどの位で蛹になり、羽化するのか見守ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オニヤンマの巡回?

慣れない暑さに、と言っても、ここは大した暑さではないのですが、毎日予想気温を調べる日々でしたが、今日は暑さも幾分和らいだ感じで、ピークは過ぎたのか願っています。

相変わらず、蝉の鳴き声は賑やかですが、庭にオニヤンマの姿が目立つようになりました。

Gazo2

夕方近くになると、我家の周りを巡回するように飛び回っています。

Gazo1

以前は、厨房の網戸越しに、ホバリングしながら中を覗いていくことが、よくありました。

アカネも、少し赤みが増してきたように見えますし、虫の声も時々聞こえてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »