リンク

最近のトラックバック

ホームページ

グルメ・クッキング

2017年12月10日 (日)

スープカレー

テレビで美味しそうなスープカレーを見たものだから、食べたくなって作りました。

今回は、葱と生姜を炒めて、鶏手羽とカレー粉でベースのスープを。

Gazo2

野菜は、全部素揚げに。

Gazo41

根菜類は、まずレンジでチン。
揚げた後は、藻塩を振ります。

食べる時に、温めたスープに野菜を入れれば、出来上がり。

Gazo7

スープが絡んでも、野菜がしっかりしていて、美味しく戴けます。

2017年12月 8日 (金)

醤油スプレーで減塩できそう?

スーパーで、醤油スプレーが100円程で売っていたので、買ってみました。

Gazo2

なかなかの優れもので、見た目醤油を結構掛けたようでも、かなり少量で済んでいるようです。
醤油の風味はあっても薄味ですので、減塩には役立ちそうです。
年齢的にも、塩分控えめで頑張っていますが、甘いのはつい食べてしまいます。

Gazo41


こちらは、1歳半の孫が歯も生え揃って、よく食べるようになったそうなので、ワッフルを送ってあげようと、念のため蜂蜜を使わず、甘さ控えめのものを作りました。

蜂蜜は、腸内環境が整わない内に食べてはいけないもののひとつなので、使いませんでした。

健康な体を保つためにも、考えながら食べることが大切ですね。

2017年12月 5日 (火)

ハタハタの一夜干し

先日漬け込んだハタハタを、一夜干しにしました。

3.5%濃度の塩水に一晩漬け込んだハタハタを、ペーパーで拭いて、頭を下にして干します。

Gazo11

頭を下にするのは、内蔵を取り出さずに漬け込んであるので、出来るだけ余分な水分を取り除くためです。
干す時間は天候にもよりますが、少なくとも5~6時間あれば適度に乾くようです。
あとは、好みで長くしてそれこそ一夜干しに。

Gazo21

皮に軽く焦げ目が付く程度に炙れば、美味しく戴けます。

以前作ったゲンゲも美味しかったのですが、なかなか手に入りません。

2017年11月26日 (日)

しっとりしたピールを作る

オレンジピールなど柑橘のピールを、しっとり作るコツです。

白いワタを取ってストックしておいた皮を使って。
ワックスを取るために、3分程湯掻きます。
やわらかくするため、40分程コトコト茹でます。
100mlの水に100gの砂糖でシロップを作り、ピールを漬けます。

Gazo6

1日置いたら、シロップだけを取り出し、100gの砂糖を煮溶かし、再度ピールを漬けます。
これを4回、延べ500gの砂糖で漬け込みます。

この繰り返しが、しっとりしたピールを作るコツです!

Gazo3

シロップをきって、そのまま保存するか、

Gazo2

100℃のオーブンで20分程乾燥させて、グラニュー糖をまぶして保存するか。
1年位は保存できるようです。

今日はチョコレートを少しコーティングして、戴きました。

Gazo1

2017年11月15日 (水)

かりんのシロップ漬け

ご近所さんに、かりんを頂きました。

Gazo11_2

かりんとマルメロはよく似ていますが、マルメロの果皮には短いうぶ毛が生えていますが、かりんは表面がツルツルで毛が生えていません。
長野県の一部の地域などでは、マルメロをかりんと呼ぶそうで、よく似ているということでしょうか。

どちらも生食には適しておらず、果実酒や蜂蜜漬け、ジャムなどにします。

今回は、シロップ漬けにしてみました。

しばらく置いて追熟すると、黄色くなり油が滲んできていい香りがしてきます。
水洗いしてから水気をふき取り、皮ごとスライスします。
種もそのままでいいようですが、今回は種を取りイチョウ切りにしました。
塩水に数分つけてあく抜きしてから、シロップに漬け込みます。

Gazo21

1~3ヶ月ほど漬けるので、瓶ごと煮沸すると安心です。

かりんもマルメロも、咳止めや風邪予防に効果があると言われています。

2017年11月13日 (月)

リコピン人参

リコピンが多く含まれている人参「こいくれない」が、気に入ってます。

Gazo11

このリコピン人参は名前の通り、普通の人参にはほとんどないリコピンが多く含まれているのだそうです。
金時人参と西洋人参の交配種で、見た目で色が濃いのがわかります。
甘みも強く、油との相性もよさそうです。

Gazo21

アヒージョ仕立てにしてみましたが、甘みが増したようで美味しく戴けました。

以前から使っていた金時人参ほどはクセが無いので、苦手な人でも食べられるのではないでしょうか。

Gazo31

烏賊人参にもしてみましたが、甘みが強い分美味しく感じられるようです。

人参スープも、美味しそうです。

2017年10月20日 (金)

マコモタケ

マコモタケは最近、山形県内でも生産量が増えたようで、かなり出回るようになりました。
最初にブログで紹介したのは、10年近く前だった気がします。

Gazo11

シャキシャキの食感とほのかな甘みは、マコモタケならではのもの。
油との相性がいいので炒め物や天ぷらにしたり、生でサラダや浅漬けにしたりが一般的なようです。

我家では今回、白和えにしてみました。
マコモタケを茹でて、昆布ダシなどで下味を付けたものと、油麩を甘辛く煮付けたものを合わせ、胡麻たっぷりの白和えにしました。

Gazo21_2

期間限定で、肉料理の付け合せにしています。

Gazo3

他の野菜と一緒に、ぺペロンチーニ炒めにしても美味しいです。

もう少し出回ると思いますので、試してみては。

2017年10月19日 (木)

山辺町の「鳥や」さん

山辺町の、鶏肉専門の肉屋「鳥や」さんで、たまに買い物をします。
チキンカツや焼き鳥が美味しいと評判の店です。

先日も近くを通りかかったので、寄ってみました。
あいにくお目当てのチキンカツがなかったので、鶏肉を買ってきました。

Gazo31

調理しようとあけてみると、経木に包んでありました。
経木とは、杉やヒノキなどを薄く削ったもので、通気性や殺菌性に優れているのですが、使われているのを滅多に見ません。

ドリップが出ることもなく、臭みもないので、調理も気持ちよくできました。

Gazo41

胸肉を皮目からじっくり弱火で皮がカリッとするまで焼き、裏返してしばらく焼くと肉がぱさつかず、しっとり食べやすい肉質になります。

この日は、レバーとエリンギを醤油ベースの濃い味にして、ソース代わりに一緒に戴きました。

最近は鶏胸肉を食べるようにしているのですが、この食べ方は味もしっかりして美味しく戴けます。

2017年10月 5日 (木)

えんjamジャム

「アロマテラス」の安藤さんから、ジャムを頂きました。
安藤さんの知り合いの山辺町の「えん工房」のえんjam。

Gazo81

「青りんご+山形はっか」と「ジューンベリー赤ワイン風味」
主な材料は県産というジャムです。

はっかは、北海道というイメージがありますが、元々は山形などで栽培していたものを明治期に北海道の開拓に持っていったようです。

Gazo6

青りんごのジャムを、レアチーズケーキのトッピングに。
爽やかな味わいが、ぴったりマッチしました。

2017年9月21日 (木)

秋の味覚part2

今の時期は、イチジクをよく使います。

お客様にお出しするときは、生ハム載せ。
皮をむき、半分にしてカッテージチーズと生ハムを載せます。

Gazo7_5

アケビの皮を使った料理などと共に、盛り合わせの一品に。

イチジクの食べ方でもうひとつ気に入っているのが、ブルーチーズを使った食べ方。
皮をむいたイチジクを6等分くらいにして並べ、上にブルーチーズとクルミを載せて蜂蜜をかけます。

Gazo41

蜂蜜の甘みとブルーチーズの塩気が、絶妙です。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ